« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

今年一年のご愛読に感謝

いつもブログ「夢閑人倶楽部」を愛読頂き、ありがとうございます。還暦を過ぎ、フットワークは衰えましたが、何でも見たいとの欲望は衰えていません。今年は勤めを辞め、悠々自適に各地を巡る腹積もりでしたが、諸般の事情からしばし延期となりました。

P5020184

そんな中、いつかは行きたいと思っていた弘前城の桜見物が実現したことが大きな収穫でした。弘前城の桜はあまりに有名で、人出がすごいのでこれまで躊躇していましたが、今年から石垣の修理で当分この風景が見られなくなるとのニュースに接して、急きょ駆けつけ何とか天気にも恵まれてこのような写真を撮ることができました。

P5110022r

今年は浜名湖花博が開かれ、たくさんの花を楽しむこともできました。カメラの腕がアレなので月並みな写真ですが、見頃となった花々を最高のコンディションで見られたことは得難い機会なので、こちらも良い思い出になりました。

P9280255r

ミラーレス機用の望遠ズームを購入したので、何とか航空機の撮影も出来るようになりました。

Pa190117r

来年の徳川家康没後400年を前に浜松城で家康時代の堀が発掘されました。現在残っている石垣は家康の後に城主となった堀尾吉晴が築いたものと考えられていますので、家康時代の遺構は大変貴重なものです。写真は発掘用のトレンチなので、実際の堀はこの堀った溝に直交しています。

年末になりパソコンがダウンしてしまい、満足な更新が出来なくなってしまいました。これからはタブレットも駆使して、さまざまな分野の記事を、できるだけ毎日更新して行きたいと思いますの、これからもこのブログを宜しくお願い致します。この一年のご愛読、本当にありがとうございました。それでは良いお年をお迎え下さい。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまたパソコンネタです

Windows 8が修理中、予備に残しておいたVistaとNexus7から更新をしていました。Windows8が直ったので、これまで通りに更新ができるようになったのですが、これからも何が起こるか判らないので、NEXUS-7からもスムーズに更新ができるようにBlueTooth入力のキーボードを導入することにしました。

量販店に行ってキーボード売り場で、穴が開くほど商品を見つめてやっとAndroid対応のキーボードをみつけました。早速購入して使えるように設定して今このブログを更新していますが、やはり専用のキーボードは使い易いことを実感しています。

これで出先から更新するハードルが下がりましたので、これまで以上に更新しようと決意を新たにしているところです。

P8040006_2

ニャンコはそんなことは我関せずと、悠々自適の日々を送っていましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコンが生き返ったが・・・

修理に出したパソコンが帰って来ましたが、すっかり初期化されているため復旧に手間取ってしまいました。まず、メーカーのシステムを構築していますとのメッセージが延々と続いて終わりません。次にインターネットに接続できるようにセットのやり直しですが、これもLANケーブルが認識されず、上手くいきません。仕方がないので、モデムのセットアップCDを使ったら途中でエラー表示が出たのですが、表示とは裏腹にインターネットの画面が表示されて無線モデムが開通してくれました。

いよいよOfficeの再インストールですが、プロダクトキーを入力しても認証されません。念のため何回か入力しなおしましたが結果は変わりません。仕方がないのでマイクロソフトのサポート窓口に電話して、小一時間ほどかかってやっと設定ができました。Excel、Wordは問題なく作動が確認できました。

さて次はOutlookでメール設定です。自分のメールアドレスを入力しようとしたら、なんと@が出てきません。何度やり直しても上手くいきません。ネットで調べるとキーボードの入力言語が日本語入力の筈が、どうも英語入力になってしまっているようです。今回HDを交換しているので、その時不具合が起きてしまったのかも知れません。文字だけは普通に入力できるのでこうして更新作業ができていますが、不便なので時間になったらメーカーのサポートに連絡しようと思っています。

P3262280

レスキューで保存したファイルから無事画像も復元できました。やはりWindows8は快適です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

パソコンが帰還

2年前に購入したノートパソコンが起動不能になってしまい、メーカー修理となっていましたが、本日修理から戻って来ました。修理期間は当初3週間くらいと聞かされていましたが、2週間で済みました。不調のVista機に悩まされていたので、うれしい展開なのですが、すっかり初期化されているため、新品を買った時より復旧に手間がかかります。システムの復元を行っていますが、5時間程度のところが大幅に超過しているのにまだ終わりません。

果たして元通りに復旧できるのか、少しどきどきしています。

P3251426

今年の春先の写真ですが、今年は例年以上に雪が多く、雪化粧の富士山が連日テレビで紹介されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の京都、高雄編

京都の北の地域と言えば、栂尾の南に位置する高雄があります。高雄と言えば紅葉の名所としてあまりにも有名です。今の人には信じられないかも知れませんが、かつてはテレビ受像機にメーカーが和風の名前を付けた時期がありました。ナショナル(現パナソニック)が嵯峨、ゼネラルが王朝、サンヨーが薔薇、そして三菱が高雄でした。

コマーシャルで高雄と言う名前が連呼されるたびに何時か行ってみたいと思いながら、紅葉の名所で大混雑との先入観から二の足を踏んでしまい、いつしか数十年の時が経ってしまいました。そしてついに・・・・・。

Pc140236

清滝川にかかる高雄橋を渡った右手が神護寺への参道です。橋のたもとに山内女人禁制の石柱が建っていました。

Pc140213_2

急な石段を上って行くと、やがて楼門が姿を表します。昨今の高齢化社会を反映してか、石段中央に無粋な手すりが設置されていました。

Pc140232_3

毘沙門堂の脇に石で出来た、つくばいがありました。見ると氷が張っていて、底には紅葉が沈んでいました。秋は終わってしまったよ、と小さな世界のつぶやきが聞こえたような気がしました。

Pc140220_2

その昔、弘法大師が住まいとした「納涼房」を復興した重文の大師堂。神護寺は幾度か兵火で焼け落ちており、現存する建物は全て再建されたものです。

Pc140235

金堂に続く石段。楼門下の石段は手すりが設置されてしまいましたが、ここは以前のままの姿です。色々ポジションを変えてみましたが、変わり映えのしない、このアングルしか見つけられませんでした。

やはり神護寺は紅葉の時期がいいようです。次は何とか紅葉の時期に訪れたいと思いながら神護寺を後に帰路に就きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の京都、栂尾編

パソコンが起動しなくなり、メーカーでの修理に3週間かかると言うことで、一旦お蔵入りしていたVISTAを引っ張り出しましたが、絶不調でブログの更新にも四苦八苦の状態です。

さて、そんなことはさて置き、花灯路翌日はこれまで行ったことが無い栂尾(とがのお)に足を延ばしました。列島を寒波が来襲中だったので、路面の凍結を心配しましたが、何とか無事に到着することができました

Pc140210_2

栂尾、高山寺の石水院の門。この奥に国宝の石水院の建物があります。高山寺と言えばデュークエイセスが歌って大ヒットした「女ひとり」の歌詞に出て来ます。発売が1965年ですから実に初めて高山寺の名前を耳にしてから実に49年目にしてやっとその地に立ったことになります。

Pc140194_2

高山寺の開山堂。紅葉のシーズンが終わったせいか、人影もまばらな境内です。歌の世界もこんな季節だったのかも知れません。

Pc140201

高山寺の金堂。江戸時代の建築で重文にも指定されていないので、驚くほどひっそりとしています。この日は女ひとりならぬ、オッサンひとりの状態でした。

Pc140207

高山寺の表参道。多くの人で賑わったのも今は昔、かつての栄華を偲ぶだけです。
長年思い描いていた風景とはちょっと違っていた雰囲気でしたが、これも旅の一興です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江渡防衛相が再任辞退

本日安倍第三次内閣が発足の予定です。安倍首相は閣僚は留任させるつもりでしたが、江渡防衛相が留任を辞退している模様です。江渡氏は前国会で自身の政治資金問題で野党の追及を受けたことで、更なる矢面に立つことを嫌ったのではないかと思いますが、実に情けない態度です。

防衛大臣と言えば安全保障を担う重要閣僚です。それが、わずか数ヵ月で交代しているようでは関係国の信頼関係もあったものではありません。このような人物を選んだ首相の責任は重大ですが、遅滞なく後任を選任して欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小渕議員証拠隠滅疑惑

小渕議員の政治資金規正法違反容疑で、東京地検が関係先の家宅捜査を行ったところ、ドリルで破壊され読み取り不能となったパソコンが発見されていたことが明らかになりました。小渕氏の関係者によれば、丁度パソコンの入れ替えの時期だったので、古いパソコンを処分しただけで証拠隠滅ではないと説明していますがとても信じられません。

小渕氏の収支報告では観劇会などの収支が08年から13年の6年間でで6000万円以上支出が多くなっており、12年については開催されているにも関わらず記載そのものがありません。言うまでも無く議員には所属政党を通じて税金から政党助成金が助成されています。公金を支給されている立場にいながら、このような金銭感覚はまともなものとは言えません。

小渕議員はかねてから捜査には協力するとしていますが、やっていることはこの有り様です。今回の記載の不備については運用上のミスとの見方もできますが、このような証拠隠滅とも思える動きを見ると、裏で不正行為をしていたのではとの疑念を払しょくできません。捜査当局の厳正な捜査を期待すると共に、小渕氏には自ら疑惑を晴らす行動を取って欲しいものですが、この問題に何ら関与しようとしない自民党は本当に駄目な政党だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の京都、東山編

祇園を抜けると八坂神社の前に出ます。ここでも和服姿の女性が目立ちました。お正月には着飾った女性で賑わう事でしょう。

Pc130053_2

東山と言えば、ご存じ八坂の塔です。但し、人家が建て込んでいるので見ることが出来る場所は限られます。人力車が多いのもこの界隈です。

Pc130057

客待ちをしているのか無人の人力車と八坂の塔です。前回は28ミリ相当のレンズでしたが、今回は24ミリ始まりのズームレンズです。ここまで写る世界が変わるとは思ってもいませんでした。

Pc130059

ここは清水寺への通り道なので、人通りが絶えることがありません。待つことしばし、やっとこのショットが撮れました。

Pc130070

高台寺から見た八坂の塔。旨い具合にシルエットになってくれました。

Pc130076_2

知恩院の山門前を通って再び白川のほとりに帰って来ました。太陽の位置が変わって、来た時と違った雰囲気となっています。
知恩院の山門は現在修理中で、その姿を見ることは出来ませんでした。木造建築の宿命なので仕方ありませんが、二条城の大手門と言い、いつもの姿を見ることができないのはさびしいものです。













| | コメント (0) | トラックバック (0)

STAP細胞とはなんだったのか

STAP細胞問題に結論が出ました。小保方氏が200回作った筈なのに、いくら再現を試みても、論文で発表されたような万能細胞は、ただの一個も作れなかったと言うことでした。STAP細胞はES細胞と違って、簡単な操作で作ることができると言うのが触れ込みだったのに、外部機関はおろか理研の検証チームでさえも1回も成功しなかったのです。

論文を発表し、記者会見まで開いておきながら、その事実を再現できないと言うことはあってはならないことです。もし、検証を行わなければ誤った事実がそのまま真実としてまかり通ってしまうところでした。理研と言う組織は、科学的研究を最先端の環境で行う為の国家的な機関だった筈なのに、この結果は大変残念と言う他はありません。
この出来事によって理研の活動は停滞し、組織は縮小、予算も削減されることとなってしまいました。一体この騒動は誰が主導し、混乱を招いたのか、何一つ明らかになっていません。小保方氏は理研を退職するとのことですが、このような騒動を引き起こした当事者として、事の顛末を明らかにする責任がある筈なのに何一つ語ろうとしないのは無責任と言う他はありません。自殺者まで出してしまった一連の出来事について、真実を明らかにして欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の京都、祇園編

南禅寺に立ち寄った後は再び地下鉄に乗って、一つ隣の東山駅で下車します。ここから白川沿いに歩くのですが、下町っぽい雰囲気が好きで私の定番となっています。

Pc130029

この辺りはドラマにも良く登場する人気スポットです。撮影時には気が付きませんでしたが、右端に和服姿の二人連れが写っていました。年末には習い事のお師匠さんの所に挨拶に行く風習があるのか、あちこちで和服の女性を見かけました。

Pc130031_2

白川北側の祇園の町並み。ここも私の好きな場所です。

Pc130034_3

有名スポットの巽橋。この日は観光客が多く、この写真を撮るのに人波が去るのをひたすら待たなければなりませんでした。

Pc130032_2

今年の京都は紅葉が見事だったようですが、巽神社の界隈では紅葉が少し残っていました。

Pc130037_5

舞妓さんの衣装のレンタルサービスで記念写真を撮っている一行です。カメラを構えているのは引率の業者です。町で見かける舞妓姿の女性は大抵がこのような体験サービスの女性です。この一行は居合わせた観光客に撮影のサービスをしてくれました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪で大渋滞

昨日は家の付近は何ともなかったのですが、三方原台地に近づくとともに路面や道路脇に雪が現れました。おやおやと思っていたら、信号手前で車列が動かなくなり、渋滞に突入してしまいました。幹線道路が交わる交差点では特に流れが悪く、何度信号が変わっても前に進めない状態となってしまいました。結局一時間程遅刻してやっと勤め先にたどり着きましたが、たかが数センチの雪で大騒ぎとなってしまいました。雪国の人から見たら笑い話かもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒いッ!

全国的な寒波で、広い範囲で雪となっています。幸い、今のところ我が静岡県は降雪はないようですが、普段雪に縁のない地域が雪に見舞われると悲惨なことになってしまいます。昨夜、帰宅時点の気温は3℃で水たまりには氷が張っていました。今朝は氷点下まで下がっていますので、この冬一番の寒さです。今年は寒波が来るのが早すぎるようです。

追記 我が家は海に近い地域なので判りませんでしたが、三方原台地では数センチの積雪があり大渋滞となっています。一時間位の遅刻になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の京都、南禅寺編

Windows 8 のパソコンが壊れ、当分修理から帰って来ないので、埃をかぶっていたVista のノートPCを引っ張り出して更新していますが、思うように動いてくれず時間がかかってしまう状況となっています。

さて、京都観光の場合、私の定番は南禅寺からスタートです。地下鉄東西線の蹴上駅で下車して、金地院前を通って三門に至るのがお決まりのコースです。

Pc130017

南禅寺三門です。何時来ても人気のスポットで人の往来が途絶えることがありません。

Pc130005_2

東山が望める、私のお気に入りのアングルです。

Pc130009_2

方丈を望んで。ここもお気に入りの場所の一つです。思いがけず紅葉が残っていました。

Pc130014_5

南禅寺で三門と並んで人気の水路閣です。京都が舞台のドラマでは必ずと言って登場する京都を代表するスポットです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵐山花灯路

京都の冬の風物詩となった嵐山の花灯路に行って来ました。今年は予報では寒波の襲来が予想されていましたので内心冷や冷やしていましたが、幸い京都では降雪はなく、落ち着いて観賞することができました。

Pc130082

嵐山と言えば渡月橋です。前回は点灯直後を狙ったのですが、空が暮れきっておらず、薄暮となって雰囲気が出ませんでした。今年は前回の反省から、すっかり暮れてから撮ろうとしたら暗過ぎて全く露出が足らず、焦りながら撮った一枚です。

Pc130110

会場の所々に展示されたライトアップされた生け花。ライトが近過ぎて露出過多になってしまうのが残念です。

Pc130134

大河内山荘内に設置された灯路。竹林の灯路は大勢の人で溢れ返っていましたが、個人の所有物である大河内山荘内は別世界の静けさでした。

Pc130148

常寂光寺の灯路。今年はいつもより遅めの日程だったので、紅葉がほとんど残っていませんでした。

Pc130175_3

二尊院の灯路。嵐山花灯路の一番奥まった会場です。閉門間近だったのを無理やり入場させてもらいましたが、お陰で人影が少なくて撮影するのが楽でした。

Pc130131_5

京都市内の夜景。嵐山はその名の通り、山手にあるので高みに行くと眺望が得られます。中央にランドマークの京都タワーが見えました。

嵐山花灯路は紅葉が終わった冬場に開催されるので、穴場のように思っていると大間違いです。どうも年々人出は増えているようで、竹林の路は大変混雑します。昨今のスマホの普及で、いきなり中央で立ち止まって写真を撮る人が多い事も影響しているかも判りません。観光客のスムーズな誘導が課題となっていますが、妙案はないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコンが完全ダウン

土日で京都に行って来ました。嵐山花灯路を見るためでしたが、相変わらず物凄い人出で身動きが取れない有り様で京都人気の高さがうかがえました。写真も一杯撮ったのですが、パソコンがダウンしてしまい、メーカー修理となってしまいましたので、RAW現像ができずUPすることができません。

パソコンは修理に3周間程かかるとのことで、年賀状も作れません。現在タブレットから発信していますが、頭が痛い状態です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都ナウ

久しぶりに京都に来ています。天気予報では寒波が来襲するとのことでしたが、思ったよりも気温が高かったので一安心。ただ、空には冬の雲が浮かんでいるので油断はできません。夜が本番なのであまり冷え込まないことを願っています。さらにさらに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぺヤングが生産、販売を中止

昨夜のNHKニュース9は冒頭にぺヤングの生産中止のニュースでした。食品に異物が混入していたとの話題は時折ネット上に流れますが、事実かどうかは第三者には判断ができません。少し前にはナメクジが混入していたとの話が拡散していましたが、続報が無くニセ情報だった可能性があります。

ところが今回はメーカーが現品を入手して、生産工程での混入の可能性を否定出来ないと判断したことから、自主回収の措置を撮ったものと思われます。食品メーカーは異物混入に対して金属探知機や画像識別装置などを使って異物の入った製品を排除していますが、今回は麺の下敷きになっていたことから発見出来なかったようです。このため、そのような状態の異物を探知する装置を新しく導入するようですが、X線か超音波を使用したものになるのでしょうか。

即席麵は国民食とも言われますが、備蓄出来て手軽に食べられるカップ麺は利用者が多いので、一日も早い生産・販売の再開が望まれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

翁長新知事は何がしたいのか

沖縄県の翁長新知事が就任に際しコメントを出していますが、正直言って何がしたいのか全く意味が判りません。選挙では辺野古の海岸を埋め立て、新しい飛行場を作ることの是非が争点となり、翁長氏が勝利しました。翁長氏はコメントで「美しい大浦湾を埋めて、新しい基地ができるというのはですね、これは、どうしても、今日までの沖縄の69年に及ぶ事情を考えますと、これはやってはいけないなというふうに思っております。新辺野古基地はですね、造らせないというような形で、わたし自身の県政運営の柱にしていきたいと思っております」と述べています。

誰も好んで新しい飛行場を作ろうとしている訳ではありません。危険な飛行場として米軍自体が移転を希望している普天間飛行場の移転先として辺野古に飛行場を作ろうと言うものです。新知事は普天間飛行場については言及していませんが、まず優先されるべきは普天間飛行場を移転させることの筈です。辺野古移転案は2006年に日米政府間で合意し、2014年までに完成させることが2009年に国会で議決されていました。

ところが、民主党政権下で鳩山氏がこれまでの経緯を全て無視して、突如県外移転を主張したことが今日の混迷の元凶となりました。これによって移転作業は中断し、日米の外交関係を悪化させることとなってしまいました。この間普天間飛行場は今まで通り使用されて来ましたので、これらの動きは普天間の固定化に大いに貢献することになりました。

今回翁長氏はこの鳩山氏の役割をピエロのように繰り返していますが、普天間についてどう考えているのか、無責任と言わざるを得ません。これに関して地元宜野湾市の佐喜真淳市長は「具体策が示されていない」「普天間の負担軽減、危険性の除去に取り組んでほしい。そのための手法を示してほしい」と述べていますが、その通りです。翁長氏は普天間をどうしようとしているのか、明らかにする責任がある筈です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国空軍が空自を仮想敵に大演習

中国南部を管轄する広州軍区の空軍が、日本の航空自衛隊のF-2戦闘機を仮想敵に大規模な演習を行ったと伝えられています。空自の主力戦闘機はF-15Jで、南西方面へのスクランブルでは那覇基地のF-15Jがその任務に当たっています。では何故中国軍がF-2を仮想敵に演習をしたのかと言えば、F-2が対艦ミサイルASM-2を最大4発装備して海上の艦船を攻撃できる能力があるからです。

F-15Jは大変優れた戦闘機ですが、対艦ミサイルの運用能力はありません。近年太平洋への進出が著しい中国海軍にとって、150Km以上とされる射程を持つASM-2が嫌な相手であることが、この演習からも読み取れます。実際にASM-2が使われることが無くても、こうした装備を持っていることが相手の行動を牽制できる訳で、専守防衛を旨とする自衛隊にとって大変効果的な装備と言えます。

我が国は専守防衛ですが、相手国がいつ侵攻してしてくるかは相手国次第です。まさかに備えることが大切なことをこの演習が教えてくれていると言えるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコンがダウンした

自宅のパソコンがダウンしてしまいました。昼間、家族が起動しようとしたらエラー画面になって起動しなくなったしまったのことです。帰宅してからあれこれ試したのですが回復できませんでした。メーカーの技術サービスに連絡して復旧方法を仰ぐしかないようです。年賀状の作成もまだなのに困ったことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雪被害峠越す

時ならぬの寒波により、列島各地は季節外れの大雪に見舞われ、徳島県では立ち往生した車から徒歩で山頂にある寺に向かった住職ら2名が凍死する痛ましい事故が起きました。この他富山県や福井県で4名が亡くなり大雪による死者は6名となっています。

積雪や倒木で道路が寸断され、徳島県の山間部で約620世帯、約1210人が孤立し救援のため自衛隊が出動しています。今年2月に山梨県や埼玉県など、普段そんなに積雪のない地域で大雪の被害がありましたが、今の季節にこれだけの降雪があるのは記憶にありません。幸い大雪の峠は越えたようですが、時ならぬ大雪のもたらした被害は小さくないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家もLED電球導入

先日ホームセンターに立ち寄った際に、LED電球の売り場を通ったところ随分と価格が下がっていて驚きました。LED照明は省電力ですが、価格は高いと言うのがこれまでの認識でしたので、何時の間にか手ごろな価格になっていたことに気付かなかったようです。

我が家の照明の主力は蛍光灯ですが、当初は電球を使用していた玄関灯や浴室灯も電球型の蛍光灯に置き換えています。これらは口金がE26と呼ばれる標準型のものですが、ダウンライト等に使われているE17と言うタイプの商品ではこれまで安価な製品は見かけたことがありませんでした。

我が家の玄関ホールのダウンライトは40WのE17のミニクリプトン球が使われていますので、これをLEDに置き換えてみました。玄関ホールは必要時以外は点灯しないので省エネの効果はあまり期待できませんが、消費電力がこれまでの1/8ほどになりますので、あまり点灯時間を気にしなくても良くなりそうです。

で、使用感ですが今までと全く変わらない明るさで、違和感はありません。以前お邪魔したお宅では如何にもLEDと言った感じの色合いでしたが、これも技術の進歩なのかも知れません。しばらく使ってみて問題がないようでしたら、次は蛍光灯の置き換えを考えてみようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬本番

今日は日本列島がすっぽりと冷蔵庫に収まったかのように寒い一日となりました。当地の最低気温は1.8℃とこの冬一番の冷え込みでした。各地から大雪のニュースが伝えられていますが、温暖な当地でも今朝は初氷が張りました。例年、年末にならないと氷は見られないのですが、今年は少し早く真冬並みの寒波がやって来たようです。

昼前に所用で出かけたのですが、車の社内温度計はなんと4℃と冷蔵庫よりも低い気温でした。日の出の時刻もどんどんと遅くなって、ワンコの散歩に出かける頃は真暗闇となってしまいました。今年は円安の進行で、灯油の価格が心配されましたが、OPEC諸国の増産のお蔭で、売り惜しみが起きるような事態は何とか避けられそうで何よりです。

今年は例年になくインフルエンザの流行も早くなっているので、やはり冬本番は例年よりも早く到来したようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米国社会の現実

人権問題先進国であった筈の米国で目を覆いたくなるような事件が続発しています。黒人の少年と青年が白人の警官から一方的に銃撃されて死亡する事件で黒人社会の怒りを買っていますが、今度は取り押さえの際に、禁止された首を絞める行為をして容疑者を死亡させた警察官が不起訴となって新たな怒りに火をつける事態となっています。この事件は目撃者によれば警察官の誤認で、死亡した黒人男性はもめごとの仲裁に入っただけだったと言うことです。

容疑者を禁止された行為で死亡させ、しかも犯罪容疑が誤認の可能性が高いのに白人警察官と言うことだけで陪審員が不起訴にしたようですが、あまりに露骨な人種差別には呆れるばかりです。米国の良識、司法制度はここまで腐ってしまっているのかと、この現実にショックを受けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衆院選議席予測

衆院選での各党の獲得議席予測が各メディアから発表されていますが、概ね与党が大勝するとの予測です。景気回復について厳しい結果が明らかになっていますが、そのことが直ちに与党への批判にはなっていないようです。野党第一党の民主党は微増の予想で、やはり党首のリーダーシップが問題のようです。選挙に大敗して下野したのに、何も手を打たず全選挙区に候補すら立てられないのでは、党のやる気を疑われても仕方ありません。

選挙は水物ですから、開票するまで何が起こるか判りませんが、野党の奮起が望まれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はやぶさ2 本日午後打ち上げへ

悪天候のため先月30日の打ち上げが延期されていた、はやぶさ2を搭載したH-IIAロケット26号機が本日午後打ち上げられます。はやぶさ2は2018年7月に小惑星「1999 JU3」に着陸、サンプルを採取して2020年に地球への帰還を目指すしています。初代のはやぶさは度重なる機器の故障で、ミッションの達成は不可能と思われたことが幾度となくありましたが、関係者の努力によって奇跡的にサンプルを乗せて地球に帰って来ることが出来ました。

はやぶさ2では、イオンエンジンの推力を向上させながら耐久性を高めています。また、姿勢制御用エンジンの燃料漏れの改善や配管の凍結防止を行なっています。地球との通信を行う高利得アンテナは1基から2基になっています。初代に発生したトラブルについて大幅に改良していますので、成功する確率は大幅に向上したものと思われますが、何分今後6年間の長い間宇宙を旅する訳ですから、何が起きるか判りません。

科学の塊であるロケットと小惑星探査機ですが、無事に打ちあがって軌道投入できることを祈らずにはいられません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

露呈した日テレ女子アナの実力

日本テレビが内定を出した女子大生に対し、ホステスのアルバイト経験があることを理由として、採用を取り消す決定をして物議を醸しました。その際、社長が当社の女子アナには清廉性が求められると発言しましたが、そんなことより基本的なアナウンス力が必要なのではないでしょうか。

今朝の俳優の菅原文太氏の訃報のニュースの中で、夫人のコメントを引用した際、思わず耳を疑いました。「朝に道を聞か ば、夕に死すとも可なり。」有名な論語の一節ですが、これをなんと女性の声で「あさに道を聞かばゆうに死すとも可なり。」とアナウンスしてくれました。ニュースに関するコメントなので女子アナに間違いないと思いますが、いくらなんでも酷過ぎます。

昨今は女子アナの採用では容貌で決めているのではないかと疑いたくなるような実力のアナウンサーを見かけますが、故人の名誉を棄損し兼ねないアナウンスでは困ります。見てくれよりも実力で勝負するアナウンサーを視聴者が求めていることをテレビ局は判っているのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ師走です

早いもので今年も残り1ヶ月となりました。歳を重ねるごとに1年の経つのが早くなりますが、本当にもう12月になってしまったと言う感じです。あれもこれもやり残したことが沢山ありますが、無事に年を越せるでしょうか。

Pb300135r

街のあちらこちらでイルミネーションが見られるようになりました。最近はLEDになって以前よりもより華やかになったようです。

Pb300137r_2

こんな風景が楽しめるのも青色LEDのお蔭です。科学の進歩には本当に感謝です。

Pb300144r

子供たちの楽しみなクリスマスももうすぐですが、気のせいか今年は少し盛り上がりに欠けるような気がします。やはり思わぬ選挙のせいでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュビロ残念

30日に行われたJ1入れ替え戦で優勢に試合を進めていたJ2 4位のジュビロ磐田は後半のロスタイムに6位山形のGK山岸にヘディングによるゴールを決められて2-1で敗れ、J1昇格はなりませんでした。この試合、何度も相手ゴールを攻めながら、ことごとくクロスバーに阻まれあと一点が奪えず、このまま引き分けでも入れ替え戦決勝進出が決まると言う流れの中で、攻撃に参加したゴールキーパーに得点されると言う悪夢のような試合展開となってしまいました。残念!

Pb290133r

街は冬の装いとなりましたが、ジュビロとジュビロファンは木枯らしが吹き荒れる真冬の心境です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »