« 梅は咲いたか | トップページ | 津波被害のF-2戦闘機が復活 »

2015年2月16日 (月)

2015年歩き始め

4月に手術、8月に足の甲の腫れと、昨年は体調不良で登山に行く機会があまりありませんでした。そんな、こんなで、すっかり出不精になってしまったので、年が変わっても登山に行かずに早2月になってしまいました。流石に体がなまってしまったので、重い腰を上げて近場の低山に行って来ました。

P2150007r

浜名湖の北側にある富幕山(563m)は手軽に登れる山として地元で人気の山ですが、気圧配置によっては零度近い寒気に見舞われ、積雪を見ることがある、ちょっと侮れないところも併せ持っている山です。最近は近場の山ばかりですが、ちょっとした時間を利用して手軽に登れるのは大きな魅力です。

P2150002r

富幕山にはいくつかのルートがありますが、あまり歩行時間が少ないのも物足りないので、少し林道を歩いてから取り付こうと林道を進むと、両脇に伐採した材木が集積してあるのが目に入りました。

P2150001r

ゲゲッ、登ろうとしていた登山口に林道が出来ています。静かな山歩きを楽しもうと思っていましたが、のっけから目論見が崩れてしまいました。

P2150003r

どうやら林道は登山道(元は営林署の巡視路かも?)に沿って拓かれたようで、登山道のすぐ脇を通っています。皆伐ではなく、間伐されていることから植林帯の維持管理が目的だったのかも知れません。稜線の手前で向きを変えて下に向かって延びているようでした。

P2150005r

稜線に出ると以前と変わらない風景がありました。陽だまりハイクを予定していましたが、雪雲が上空を流れて行き、厳しい寒さの山歩きとなりました。それでもザックを背負って自然の中を歩くのは何とも言えない気分です。正味2時間あまりの山歩きでしたが、久しぶりの山を楽しんで来ました。

|

« 梅は咲いたか | トップページ | 津波被害のF-2戦闘機が復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015年歩き始め:

« 梅は咲いたか | トップページ | 津波被害のF-2戦闘機が復活 »