« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

無人補給船「プログレスM-27M」が地上に落下する模様

4月28日、ソユーズ2.1aロケットによって打ち上げられた無人補給船「プログレスM-27M」が制御不能に陥り、近日中に地上に落下する模様です。「プログレスM-27M」は国際無人ステーションISSに食糧などの物資を補給する予定でしたが、ISSにドッキングできないまま落下することになり打ち上げは失敗に終わりました。

ここ数年、ロシアのロケット打ち上げが目立っており、技術力の低下が指摘されていましたが、改めてこの事実を裏付ける事態となりました。近年の打ち上げ失敗は以下の通りです。2014年5月プロトンMロケット、2013年7月プロトンMロケット、2011年12月ソユーズ2.1bロケット、2011年7月ソユーズUロケットで5年間で5回もの失敗は宇宙大国ロシアとしては異常事態としか言い様がありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三沢のF/A-18はグラウラーだった

先日24日に三沢で撮った写真を見ていたら、F/A-18がスーパーホーネットなのか、それともレガシーホーネットだったのか気になったので調べてみました。F/A-18は元々ホーネットの愛称で呼ばれていましたが、航続距離や攻撃力の評判がイマイチで大幅に機体を作り替えたのがF/A-18E、Fでスーパーホーネットと呼ばれています。

P4240037r

三沢には思い付きで寄ったので、三沢の米軍にどんな機体がいるのかも知りませんでしたので、写真の整理のついでに調べてみました。すると・・・、この機体はスーパーホーネットを元に開発された電子戦機、EA-18Gグラウラーであることが判りました。

P4240074r

電子戦機と言うのは妨害電波を出して相手のレーダーを使えなくしてしまう航空機のことで、これにより相手はこちらの航空機をレーダーで探知することができなくなってしまいます。現代の航空戦では相手をより早く見つけて、相手がミサイルを発射する前にこちらのミサイルを発射して撃墜するのがセオリーです。つまり相手にレーダーを使わせなければ攻撃されるリスクがとても少なくなる訳です。

P4240064r

主翼の両端に付けているのはミサイルではなくて、妨害用の送信機などを積んだポッドです。EA-18Gは現在のところ120機ほどが生産され、米軍だけが運用している貴重な機体です。そんな機体が三沢に駐留しているということは、米軍にとって第一線の基地としての役割を担っていると言うことなのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅の余韻

今日は今回の旅行で撮りためた写真のRAW現像を行いました。最近は写真撮影をRAWで行ない、RAW現像して記録しています。RAWが良いのは、RAW現像時に露出や色合いが補正できることです。

写真と言うのは予想以上に目で見た通りに写ってくれず、後で見てこんな筈ではと思うことが良くあります。そんな時にRAWで撮っておけば撮影時のイメージに修正ができるので、最近はほとんどRAWで撮影していますが、RAWの場合はRAW現像が必要となり、1枚毎に条件を設定する必要があります。出先でのんびりやっている暇がなかったので、帰宅してこの作業を行いましたが、画像を見ながら改めて旅の思い出に浸ることとなりました。

P4220017r

角館、桧木内川の桜堤。観光客が多いのは古城橋よりも下流で、上流に行くとほとんど観光客の姿は見えません。

P4220044r

桧木内川の左岸(東側)は大勢の花見客で中々落ち着いて桜の写真が撮れません。なるべく人物は写し込みたくないので、対岸を狙って撮ってみましたが、今年は天候、タイミングともドンピシャでした。

P4220047r

町中に咲いていたキクザキイチゲ。山野草ですが、いかにも角館らしく路地裏でひっそり咲いていました。

P4220056r

今回あちこちで見かけたカタクリの花。東北では野草として至る所で自生しているようです。

P4220061r

こちらも良く見かけたミズバショウ。暖地の静岡県では見ることはありませんので、雪国でこの花を見ると春の息吹を感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜旅のフィナーレ

今日は各地で今年一番の暑さとなりましたが、もはや異常気象と呼んでもいいレベルではないかと思ってしまいます。猛烈な嵐で幕を開けた今年の桜の花を見る旅も本日フィナーレを迎え、夕方無事帰宅致しました。

P4270001r

長野でもソメイヨシノは散ってしまいましたが、山野にはまだまだ桜が残っていました。

P4270009r

長野から松本に向かって車を走らせていたら、豊科あたりで常念岳の姿が大きく聳えていました。高い山では雪解けが様々な模様に見えることから、その形を雪形と呼んで山名に用いたりしています。駒ヶ岳や蝶ケ岳、そして常念岳も雪形が山名の由来です。

P4270015r

松本と言えば何といっても国宝の松本城です。晴天に恵まれて天守が青空に映えていました。

P4270024r

城内は既に葉桜となっていますが、八重桜がかろうじて残っていました。

P4270035r

洋風建築の松本旧開智小学校。松本城のスタッフに勧められ、今回初めて訪れました。

P4270064r

木曽路は夏に向かって急速に化粧直しをしています。

P4270080r

旧中山道の宿場町だった奈良井の風景です。日本の家庭の電化を推進したのは、ナショナルのブランド名で一世を風靡した松下電器です。

まるで江戸時代にタイムスリップしたような雰囲気ですが、家の前に車が停まっていたりして、現代であることを認識させられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥海山を道連れに

日中は汗ばむほどの気温ですが、やはり東北だけあって夜間はそれなりに冷え込みます。今朝は2℃で霜が降りました。

P4260002r

道の脇に土筆が出ていましたが、こんなに沢山生えているのは初めて見ました。

P4260006r

今日は能代から日本海沿いを南下しましたが、車窓に鳥海山が見えてきました。

P4260007r

撮影のため立ち寄った道の駅の近くに菜の花の迷路がありました。

P4260010r

南極探検で有名な白瀬中尉の出身地に作られた南極公園から。ここも走行中に偶々見つけたポイントです。

P4260013r

今日のお昼ご飯、マグロとイクラの丼です。これで東北ともさよならです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弘前の桜

日本三大桜の名所と言えば弘前城、高遠城址、吉野山と言われていますが、こちらの方がもっと見事と異論があるかも知れません。それは、さておき弘前城は昨年から石垣の修復作業に入ると言うことで、昨年慌てて訪問したので、今回は見送るつもりだったのですが、工事のため埋め立てられた内堀がこの時期に限り一般公開されると言うことで、ついその気になって立ち寄ることにしました。

P4250101r

今年はどこも開花が早く、桜は満開を過ぎて風が吹くと花吹雪となって花びらが舞っていました。

P4250073r

おなじみの御三階櫓と桜のコラボです。橋の上は鈴なりの人出でした。

P4250063r

工事のため埋め立て.られた内堀から見た御三階櫓。石垣がふくらんでいるのが、良く判ります。

P4250059r

同じく内堀の底から見た本丸の石垣。普段は見られない風景を見ることが出来て、空前の人出となった弘前城に寄った甲斐がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春まだ浅い十和田を抜けて

昨夜は奥入瀬の道の駅で一泊。朝、場内を散歩したら、そこはまるでキャンプ場のようでした。

P4250001r

桜と雪を頂いた山が.居ながらにして楽しめます。この山は岩木山でしょうか?

P4250002r_2

まるでキャンプ場のような風景です。

P4250009r

奥入瀬渓谷には滝が沢山ありますが一番横幅の大きな滝です。もしかして砂防堰堤かと思いましたが、間違いなく天然の滝です。

P4250019r

黒石に抜ける国道102号線を上って行くと、突然眼下に十和田湖が望めました。

P4250023r

更に上って行くと、両脇に雪の壁が。高いところでは2mを超える所もありました。

山を下り黒石で朝っぱらから温泉に入って旅の汗を流しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三沢にて

今日は三沢で一日空を眺めていました。三沢飛行場は航空自衛隊と米空軍、そして民間機が共用している空港です。日頃浜松では見ることのできない飛行機を見るために空港ターミナルの展望デッキから一日空とにらめっこをしていました。

P4240001r

三沢飛行場の西側には小川原湖があり、湖畔にキャンプ場がありますが、今はシーズオフで利用はできません。

P4240016r

事前情報を全く持たずに訪問したのですが、岩国での航空ショーに参加する米軍のF-16が予行練習をする機会に恵まれました。

P4240094r

上空で機動飛行を展開するF-16。中々カメラで捉えることができませんでした。

P4240025r

着陸態勢に入ったF-16です。

P4240051

空自のF-2戦闘機。飛び立つばかりでしたが、何故か地上滑走だけで飛び上がることはありませんでした。

P4240064

着陸態勢に入った、米軍のF/A-18戦闘機。

今日はF-2戦闘機やE-2C早期警戒機の飛行を見ることはできませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三陸海岸

宮古市から三陸海岸を北上しました。この地域は東日本大震災で大きな被害を受けました。未だ復興途中で工事車両が多かったのが印象的でした。

P4230001r

浄土ヶ浜。訪れた時は私以外に誰もおらず貸切状態で、角館の賑わいと対照的でした。

P4230011r_2

シロハナエンレイソウ。エンレイソウは高山帯で見られる植物ですが、浄土ヶ浜周辺にたくさん咲いていました。

P4230017r

カタクリもそこかしこで見られました。

P4230021r

展望台から見た浄土ヶ浜。NHKのTVクルーが取材に来ていました。

P4230024r

先日全線開通した三陸鉄道北リアス線の田野畑駅。花をあしらった駅舎が目を惹きました。

三陸地方、駆け足で通り抜けましたが、まだまだ復興途上と言った印象でした。











| | コメント (0) | トラックバック (0)

角館へ

昨日は角館に行って来ました。昨年のGWは雷雨に見舞われて散々でしたが、絶好の花見日和でした。驚いたのは、平日とは思えないくらい観光客が多く、駐車場は空待ちの有様で、有名どころは人波が途切れることがない状態でした。

P4220012r_2

桜の枝で目隠ししていますが実際は大勢の花見客で賑わっていました。

P4220026r_4

今が丁度見頃です。GWには葉桜となってしまうかも知れません。

P4220040r_2

じっくりと桜を観たいところですが、有名観光地なのでそれは叶いません。

P4220041r_3

とにかく人波が途切れないので、この写真を撮るのに30分近くかかりました。

P4220050r_2

田沢湖に向かう途中に水芭蕉の群生地があります。いつも満車だったので、素通りしていましたが今回初めて立ち寄りました。

P4220054_3

ザゼンソウ。水芭蕉とは微妙に生息域が違うようで、別々の場所に咲くことが多いのですが、ここでは共生しています。ザゼンソウを初めて見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵐が去って

昨日に引き続き、今朝も荒れ模様の朝となりました。今日の予定に悩みましたが、天気の回復を待っていても仕方がないので、大内宿に出発することにしました。途中、雨は上がりましたが、雲は切れません。まあ、なんとかなるさと車を走らせました。

P4210008r

雨上がりの大内宿。えっ、思うほど人影がありませんでした。しめしめ、ゆっくり写真が撮れると思っていると、やがて観光バスの団体が続々到着してにぎやかな人出となりました。

P4210041r

会津若松の神指城跡の桜。やっと満開の桜に巡り会うことができました。神指城は会津領主となった上杉景勝が築いた城ですが、途中で米沢に転封となり完成を見ずに廃城となった城で、今ではこの一角だけが残っています。

P4210046r

喜多方の日中線跡地のしだれ桜。こちらもほぼ満開となっていました。

P4210050r

こちらも喜多方にある小学校跡。こちらもソメイヨシノが満開でした。

P4210059r

今年は桜の開花が早めでしたが、残雪は例年並みのような感じです。山菜料理の店に寄ったら春を感じさせる品々が目を楽しませてくれました。











| | コメント (0) | トラックバック (0)

滝桜、ああ滝桜、滝桜

東北に来ています。念願の滝桜を万全の状態で見ようと、満を持して待っていたら、今年は例年になく早い開花で早満開を過ぎてしまいました。少しでも早くと思っていたら思わぬ低気圧の接近で大荒れの天気になってしまいました。多分花散らしの雨になってしまうので、雨の中の桜見物となりました。

P4200066r

来てみて驚いたのは、こんな雨の日でも観光客の多いことです。通路一杯に観光客があふれていました。

P4200077r

ライトアップを待っていると一旦上がった雨が再び横殴りの雨となりましたが、それでも皆さんじっとその時を待っていました。

P4200078r_2

それにしても日本人はどうしてこんなに桜が好きなのでしょうか。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井地裁がまたもトンデモ判決

原発差し止め判決で物議をかもしている福井地裁が、またしても画期的な判決を下しました。交通事故を巡る裁判で、乗用車が居眠り運転で対向車線に突っ込み、助手席にいた車の所有者が死亡した事故で、対向車の運転手が過失がなかったことを証明できないとして4000万円の賠償を認めたものですが、全く納得できません。事実関係を報じた記事は以下の通りです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150419-00010001-fukui-l18

死亡した所有者は家族限定の任意保険に加入していたため、補償が受けられないことを考慮した判決とされていますが、そのような事実を知りながら第三者に運転させた過失が全く問われないのはどうしたことでしょう。また、助手席の所有者が死亡したと言うことは車の片側同士が正面衝突した、いわゆるオフセット衝突と呼ばれるもので、車の損傷が大きくなる事故形態で、まかり間違えば、相手側の運転手や同乗者に重大被害が及んだ重大事故です。

この場合、運転手にできることはほとんどありません。相手側車線が空いていれば反動操作でで逃げられますが、対向車があればそれもできません。左側が開けた土地であればそちらに逃げられたかも知れませんが、判決で触れられていないと言うことはそういう状況ではなかったと考えられます。唯一できるのがブレーキを踏むことですが、それとて相手が突っ込んで来ればどうしようもありません。

対向車側に賠償責任ありとの判決がでれば、対向車の被害についての責任割合が違ってしまう可能性があります。一方的に事故に巻き込まれた上に、自車の損害賠償が減額されるのでは踏んだり蹴ったりです。どう考えてもこの判決には納得できません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

翁長知事が首相と会談

沖縄県の翁長知事が安倍首相と辺野古移転問題について会談しましたが、議論は噛み合わず成果は見られませんでした。こうなるであろうことは判っていたことですが、何とも空しい限りです。翁長氏は普天間飛行場を閉鎖することよりも、何故か自身の主張を対外的に披露することを優先しているようにしか見えません。

個人的な野望は結構ですが、多くの県民が危険の中で暮らしている訳ですからもっと現実的な対応が求められると思うのですが、自己満足の鼻息ばかりが感じられて残念です。

P4170003r

広島空港のような事故が起きないことを願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛車が10万Km越え

愛車のステップワゴンが 9年目に突入、走行距離が10万Kmを超えました。ブレーキの点検でフロントのディスクパッドとパーキングブレーキシューの交換をすることになり、ちょっとした出費が必要になりましたが、新車を購入する経済状況ではありませんので、部品交換で済ませてまだまだ現役で頑張ってもらいます。

P1174355_2

最近はカメラに収めることも少なくなりましたので、少し前の写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高浜原発再稼働差し止め判決は誤審

高浜原発3、4号炉の再稼働について差し止めを求める裁判の福井地裁の決定について、画期的と評価する声がある一方で、地裁の一裁判官の個人的見解に過ぎないとの意見が見られます。電力会社は当然控訴しますから、これで確定と言うことはありませんが、決定文で引用された内容について当事者から異論が上がっています。以下4月14日付福井新聞Web版からの引用です。

~ 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の再稼働差し止めを命じた福井地裁の決定文の中で、原発で想定する地震の揺れに関する発言を引用された専門家は「曲解されたものが引用されている」と困惑している。

決定文では、原発の基準地震動(耐震設計の目安となる地震の揺れ)に関して、地震動の強さを専門とする識者が新聞記者の取材に応じて発言した内容を引用している。それを元に、基準地震動は「実績のみならず理論面でも信頼性を失っている」と指摘し、基準地震動を超える地震が到来すれば炉心損傷に至る危険が認められるとした。

 だが、決定文に登場する識者の入倉孝次郎・京都大名誉教授は取材に対し「全くの事実誤認。決定文にある発言は、新聞記事を元に原告が曲解して書いているものが引用されている。正しい理解のために正確に引用してもらえず非常に残念」と述べた。

 
決定文で「地震の平均像を基礎として基準地震動を策定することに合理性は見いだしがたい」と信頼性を疑問視している点について、入倉名誉教授は「基準地震動は地震の平均像を基礎にして決めていない」と否定した。

さらに、東日本大震災で東京電力福島第1原発の揺れが基準地震動を上回ったことについても、原子力規制委員会の事故調査の分析で地震動との因果関係を否定していると指摘。「基準地震動の実績から言えば安全面は保証されているし、理論面でも地震動の評価に関してはむしろ精度が向上している」と反論し、決定文の内容は認識不足で間違いと強調した。

 昨年5月に関電大飯原発3、4号機(同県おおい町)の運転差し止めを命じた判決内容でも、専門家から「原発の技術面や科学的根拠に対する福井地裁の認識不足」との指摘が相次いでいた。 ~

判断の根幹部分の事実関係を誤っているようではどうしようもありません。専門分野の知識について裁判官が熟知している必要はありませんが、内容について誤った判断をしてはいけません。内容が理解できなければ他の専門家に教えを乞うべきでした。こんないい加減な認識で、国家的な安全についての判断を下すとは杜撰にもほどがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜前線爆走中

今冬は何時になく雪が多い冬となりましたので、桜の開花もそれなりかと思わせましたが、例年以上に早い開花で桜前線が北上中です。岩手県の盛岡市では平年より12日も早く、他の地域でも7日以上早く開花したり、満開を迎えています。ここ3年間はGWに東北を旅していますが、どこも桜の見頃となっていました。今年はいつもより早く、来週から出掛けようと思っていましたが、どうも今年は出遅れとなりそうです。

P5010006

5月1日の山形城、今年はこの頃には葉桜となっていそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アシアナ航空機着陸事故

昨夜、広島空港に着陸しようとした韓国のアシアナ航空機162便が着陸に失敗、滑走路手前の地上設備に接触して機体を損傷、乗客22人がケガをする事故がありました。当時は降雨により視界が悪く、パイロットは計器による誘導で着陸する体制をとっていましたが、高度を下げ過ぎ滑走路手前で地上に接触したものと見られます。

アシアナ航空と言えば、2013年にもサンフランスコ国際空港で手動操縦による着陸で高度と速度を下げ過ぎ、滑走路手前の護岸に接触して機体を損傷、乗客3名が死亡する事故を起こしています。事故原因は地上設備の改修に伴い、地上からの誘導による着陸が停止されていた中で、手動による着陸が行われていましたが、進入速度を下げ過ぎ、失速する形で手前に着地したことによるもので、天候・機体に異常はありませんでした。

広島空港は地形の影響で霧が出やすい空港とされていますが、このため計器着陸装置(ILS カテゴリーⅢB)が設置されており、通常であれば問題なく着陸できる体制となっていました。事故原因については国交省の事故調査委員会が調査することになりますが、アシアナ航空の乗員のスキルに関する問題があるかも知れません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

産経新聞加藤前支局長が帰国へ

韓国でパク大統領に関する地元紙の記事を引用したところ、大統領の名誉を棄損したとして世界の常識では有り得ない罪状で起訴され、出国を禁止されていた産経新聞の加藤元ソウル支局長の出国禁止の措置が本日やっと解除され、加藤氏が帰国できる見通しとなりました。

新聞記者が執筆した記事の内容について責任を問われるなどと言うことは先進国では有り得ないことですが、加藤氏は韓国紙の記事を引用しただけなのにもかかわらず、大統領の名誉を記事で傷つけたとして当の記事を書いた韓国人記者はお構いなしなのに、昨年8月から出国禁止措置が続いていました。

まともな国であれば本来有り得ない話ですが、前近代的な彼の国ではこのような無法事態がまかり通っていましたが、国際世論の圧力もあり、本日やっと出国が認められました。今後はこのような馬鹿げた裁判が一刻も早く取り下げられることを希望するばかりですが、このような前近代的な国から国連の事務総長が選出されていることは、いかに国連の地位が地に落ちているかを如実に物語っているものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒラリー・クリントン氏大統領選に出馬表明

元クリントン大統領の夫人、ヒラリー・クリントン氏が2016年の大統領選に出馬を表明しました。クリントン氏は2008年にも大統領選に出馬していますが、この時は現職のオバマ大統領に予備選で敗れ、撤退しています。今回は現時点で有力な対立候補がいないことから、史上初の女性大統領誕生かと噂されていますが、大統領選挙は全米を回って長期間戦われ、ありとあらゆる問題が争点となりますので、予断は許されません。

かつて有力と思われた候補が不得手な分野の問題に対して、不用意な発言をして形勢が一気に逆転したこともありました。もしクリントン氏が当選すれば、初の女性大統領になるのは勿論、初の夫妻による大統領就任と言うことになり、今後が大いに注目されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文化財に油散布続く

京都、奈良を中心に、各地の寺社仏閣などの柱に油脂類が散布される事件が続いています。新たに春日大社や唐招提寺などでも被害が見つかり、これで6府県の27カ所となっています。犯人の意図は今のところ判っていませんが、貴重な文化財を故意に傷つける行為は許せません。今後も犯行が継続されることが予想されますが、取り返しのつかない事が起きる前に、なんとか犯人を逮捕して欲しいものです。

P4060048r2

世界遺産に登録されている二条城の二の丸御殿唐門。ここ二条城でも国宝の二の丸御殿が被害に遭ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自民党がテレ朝に申し入れ

昨年の衆院選前、11月26日に自民党が福井照報道局長名でテレビ朝日に対して、「公平中立な」番組作りを「要請」していたことが明らかになりました。自民党は20日にも在京テレビ局各社に選挙報道の公平中立などを求める要請書を渡していましたが、特定の局に対して再び要請を行うことは、放送免許を人質としたあからさまな介入と受け止められる無神経極まりない行為です。

こんな恫喝めいたことをしなくても、放送法によりテレビ局には一定の規制がかかっています。それを承知の上でこのような行為を行った自民党は本当に性質が悪いと言わざるを得ません。マスコミが政権にとって都合の悪い情報を国民に伝える役割を放棄すれば報道機関の名に値せず、反権力の姿勢を失ったら存在価値はありません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

MRJの初飛行は9-10月に延期

三菱航空機が開発を進めているMRJ(三菱リージョナルジェット機)の初飛行が、当初の4-6月から9-10月に延期になることが正式に発表されました。MRJは我が国が初めて開発したジェット旅客機ですが、コスト対応で海外からの部品を多数採用したことなどから各種試験が遅れていると伝えられていましたが、非常用発電機の搭載位置の変更が延期の理由とされています。

初飛行は当初の2011年から2012年第2四半期、2013年第3四半期、そして2015年第2四半期までにと発表され、これまでは5月29日に行われるとされていました。旅客機を製造するためには安全性を保証する型式証明が必要となりますので、安全性を欠いたまま無理して初飛行をする必要は全くありませんが、それでも開発が順調に進展している証となるものなので、早く実現することを待ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都街角スナップ

あまり天気には恵まれなかった京都旅行でしたが、帰宅して写真の整理をしていると、つい数日前のことなのに、なんだか懐かしく思えてくるのが不思議です。

P4060038r

京都府警本部。テレビドラマに良く出てくる京都府警の元締めです。入り口には警察官が一人立っていました。御所から二条城に向かって歩いている時に偶然見つけて写しました。

P4060045r_2

二条城東側を流れる堀川の桜並木。散った花びらで桜の絨毯が続いていました。

P4060089r

高瀬川沿いの桜。桜を眺めながらコーヒーをすするのはさぞ味わい深いことでしょう。

P4060095r

先斗町(ぽんとちょう)の路地。歌の世界でしか知りませんでしたが、昼間はこんな感じでした。

P4070124r

白川沿いの桜、川沿いの桜はどこも風景に上手く溶け込んでいます。

P4070127r

高台寺西側の一角。雨で石畳がしっとりと濡れているのも風情が感じられました。

天気にはあまり恵まれませんでしたが、それなりに楽しんだ京都の二日間でした。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

三菱テレビ障害騒動

少し前の話ですが、三菱電機製テレビのリアルが突然電源のON/OFFを繰り返し、受信ができなくなるトラブルがありました。判っているだけで出荷されたほぼ全数、162万台に障害が発生したということです。このほか船井電気、日立電気の一部製品でも同様の障害が発生した模様です。

原因は別メーカーがテレビの更新ソフトを放送波に乗せて配信したところ、無関係だった三菱製にダウンロードされ、誤作動を引き起こしたようです。三菱側からの要請により、配信を中止したところ、不具合は解消したということですが、正直驚きました。

現在の家電製品にはパソコン機能が組み込まれ、複雑な操作を制御していることは理解していたつもりですが、まさか出荷後もプログラムの更新を、しかも電波を使って配信していたとは驚きです。家電に密かに個人情報を送信する機能が搭載されているとの話を聞いたことがありますが、今回の件で、全くの絵空事とも笑えなくなってしまいました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

サガン鳥栖はどうするの

Jリーグで史上最悪の反則行為として話題になっていたサガン鳥栖のDFキムミンヒョク選手に、Jリーグ規律委員会は出場停止4試合のペナルティを課しました。

3日に行われた対鹿島戦で倒れた鹿島のMF金崎選手の顔面を故意にスパイクで踏みつけたもので、試合直後からファンの間から許せない行為として話題になっていました。今回の処分は映像でキム選手の行為を確認した鹿島がJリーグに訴えて実現したものですが、何故試合中に一発レッドにならなかったのかの疑問が残ります。

Jリーグの調査では、審判はキム選手が金崎選手を倒した行為に対してイエローカードの判定を下しましたが、問題の行為そのものは目撃していませんでした。逆に言えばキム選手は相手を倒した上に、その顔面を踏みつけた訳で、悪質極まりない行為と言えます。

金崎選手に深刻なダメージが残らなかったのが幸運でしたが、キム選手の行為は一歩間違えば選手生命を奪い兼ねない危険で悪質な行為です。今回の処分に対してサガン鳥栖は下記のコメントを発表していますが、クラブとして何の処分もしないということなのでしょうか。キム選手の行為は悪質ですが、スポーツマンシップにもとる行為をした選手に対するクラブの姿勢も褒められたものではありません。

「鹿島アントラーズの金崎夢生選手、クラブ関係者の皆さまには深くお詫び申し上げます。二度とこのような事態が発生しないよう再発防止に向けクラブ一丸となって指導を徹底していく所存でございます」

P3280003r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千客万来

二日間の日程で京都に行って来ました。お目当ては御所の桜でしたが、残念ながら今年は桜がいつもより早く散ってしまったようで期待したほどではありませんでした。

P4060035r

御所の一般公開に合わせて京都行を決めたのですが、人間の思惑通りには行かないものです。

P4060063r

それではと探したのがこちら、世界遺産の二条城の桜です。

P4070100r

こちらは南禅寺の三門です。京都に行った時には必ず寄る私の定番です。

P4070136r

ご存じ清水寺の舞台です。今回は人混みを避けて、平日に行って来たのですが、驚いたのがアジア系の観光客の多さです。一人一人に国籍を確かめた訳ではありませんが、どう見ても半数以上が外国からの観光客だと思われました。政府は外国人の誘致に熱心なので、これはこれで好ましいことなのかも知れませんが、我が国の歴史的文化の継承について心配になってしまいます。

P4070155r

東福寺の通天橋から見た屋根付き橋の臥雲橋。そう言えば明治期に日本美術の再評価に尽力したのは米国人のアーネスト・フェノロサでした。日本文化の評価についてはあまり大きな口は開けないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三日見ぬ間の桜かな

京都に来ています。御所の一般公開が行われているので、桜見物を兼ねて今朝早くやって来たのですが残念、桜は満開を過ぎて散り始めていました。京都にいた時は今頃が見頃だったような気がしましたが、今年は開花も少し早かったようです。

三日見ぬ間の桜かなと言われますが、けだし名言だと実感しています。
Kc4d0008
高瀬川の川縁も桜の花びらで桜色に染まっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨天決行、花見です

今日は閑人倶楽部の主要な行事の花見ですが生憎の雨でした。事前の予報では降水確率がかなり高めでしたが、昨日が思いがけず好天になったので、もしかしたら今日もと思いましたが、やはり本格的な雨となってしまいました。

P4050012r

朝のうちは小雨でしたが、だんだん本降りになってしまいました。

P4050010r

折角の満開の桜ですが、ほとんど花見客はいませんでした。

P4050013r

ツツジの花も見頃でしたが、ただ雨に打たれていました。

P4050001r

仕方がないので花より団子、東屋の屋根の下で花見料理に舌鼓と相成りました。

この雨、当地の桜には花散らしの雨となってしまいました。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

すき屋も牛丼を値上げ

牛丼最大手のすき家が15日から牛丼並盛を291円から350円に値上げすると発表しました。牛丼チェーン各社はこれまで値下げ競争でしのぎを削っていましたが、円安や牛肉価格の値上がりで一転値上げに動いていました。こうした中、最大手のすき家の動向が注目されていましたが、先行する吉野家や松屋に追随することになりました。

すき家については、これまで深夜の一人業務が犯罪を誘発するとした批判や、過酷労働による人材確保の困難さから営業時間の短縮に追い込まれていました。昨今、格安がもてはやされていますが、物には道理がありますので、度を越した低価格は存在し得ません。良質な原材料や従業員、適正な利益があって企業は存続できるのです。今回すき家は値上げとともに牛肉の分量を増やすそうですが、分量をそのままに値上げ幅を少なくする選択肢もあった筈です。

各社の値上げの足並みがそろったところで、どんな競争が繰り広げられるのか、今後の展開が注目されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上重アナ無利子融資報道

いやあ驚きました。世の中には随分奇特な人がいるものです。報道によれば日本テレビの上重アナウンサーが「ABCマート」の元会長から1億7000万円を無利子で借り受け、マンションの購入資金に充てていたということですが、全く訳が判りません。日本テレビは「ABCマート」に番組を提供してもらっていますから、「ABCマート」はクライアントに当たります。

通常、利益供与は業務に便宜を図ってもらうためにクライアントに働きかけるのが一般的ですが、今回は逆にお金を出す側が仕事をもらう側の社員に無利子の融資をしているのですから、全く逆の構図です。聞けば、元会長は資産が4000億円もあるということですから、1億7000万円などは「はした金」なのでしょうが、上重アナにそうまでする理由が判りません。

元会長にメリットがあったのかと言えば実利があったとは考えられません。例えば彼が営業の立場であれば、番組の提供金額を安くしてもらうことが出来たかもしれません。しかし一介のアナウンサーにそんな権限はありません。従って何らかの便宜を図る見返りと言うことは考えられません。もし、あるとすれば、いつもテレビに出ている有名人と浅からぬ交友関係にあるという優越感でしょうか。

最近のテレビ局は経費節約のため、アナウンサーにタレントの真似事をさせる傾向が強くなっています。また、元高校球児で松坂投手とも懇意にしていると言えば、その方面への口利きなども期待していたのかも知れません。
最初に報じた週刊文春はコンプライアンスに関わるのではと言っていますが、果たして日本テレビの就業規則がどうなっているかです。一般的には取引先との儀礼的な範囲を超えた接待や贈答については何らかの制限をしている筈ですが、1億7000万円はあまりに高額です。ただ、猪瀬直樹前知事や渡辺議員と違って公人ではありませんから職務権限の問題はありません。日本テレビの判断が注目されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日から4月

今日は雨の朝となっています。雨の降りだしは、日中になってからの予報でしたが、予想よりも早い雨となっています。週末には花見を予定していますが、果たしてこの雨がどう影響するのか気がかりです。現時点での週末の天気予報は芳しくなく、こちらはもっと気がかりです。

P3310022r

当地の桜はそろそろ満開を迎えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »