« 南アルプスのライチョウのヒナ保護へ | トップページ | どうなる大涌谷異変 »

2015年5月 6日 (水)

吉祥山を歩く

東名高速を浜名湖から名古屋方面に向かって走行して、静岡、愛知県境の宇利(うり)トンネルを抜けると右手になだらかな山が見えてきますが、それが標高382mの吉祥山(きちじょうさん)です。東名を利用するたびに目にしていまたが、この時期山野草のキンランが見られると言うので今回初めて行ってみました。

登山口には豊橋市によって駐車場とトイレ、休憩所が設けられています。のんびりと出発したので、駐車場着は10時少し前になりましたが、10数台停められる駐車場はほぼ満車状態、身支度をしている間にも何台か車がやって来ました。

P5050001r

頂上へはAコースと名付けられた緩やかな尾根を辿ります。途中展望が開けることがありますが、基本は樹林の中を登ります。

P5050008r_2

ちょっとしたきっかけでギンランを見つけました。新緑がきれいなので、それまで頭上ばかりを見ていたせいか、見られたのはこの1株だけでした。

P5050020r

こちらがお目当てのキンラン。いやな話ですが、盗掘があるようで、パトロールの人が巡回していました。

P5050025r

アップで。日陰に咲いているので、中々いい条件で写すことができず、ピンボケ写真を量産してしまいました。

P5050022r

ツツジが丁度見頃でした。

P5050029r

吉祥山頂上。展望に恵まれた山頂です。登山口から丁度1時間で登りました。何組かの家族連れで賑わっていました。

P5050046r

下山は吉祥天女を祀った祠があるCコースを下りました。車道に出ると植えられたツツジが満開。写真を撮るのに時間を取られて下山にも1時間ほどかかってしまいました。

|

« 南アルプスのライチョウのヒナ保護へ | トップページ | どうなる大涌谷異変 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉祥山を歩く:

« 南アルプスのライチョウのヒナ保護へ | トップページ | どうなる大涌谷異変 »