« 小型機墜落事故 | トップページ | 韓国は背伸びしている先進国 »

2015年7月27日 (月)

小型機事故続報

調布市での小型機墜落事故ですが、周辺での目撃情報から事故機の離陸時の速度が遅く、離陸後も高度を上げられず、現場付近で失速して墜落した模様であることが明らかになりました。エンジン出力が十分上がらなかったことを裏付けるもので、機体トラブルがあったことを強く示唆する情報です。

事故機の後に離陸を予定していた機長の証言によれば、事故機は離陸時間が遅延していたからか、滑走路上で事前のエンジンテストを行なわないまま離陸して行ったとのことです。もし、エンジンテストを行なっていれば、エンジンの不調に気づくことができた可能性があり、今後の課題として事前のエンジンテストの厳守が求められのではないでしょうか。

|

« 小型機墜落事故 | トップページ | 韓国は背伸びしている先進国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/61970208

この記事へのトラックバック一覧です: 小型機事故続報:

« 小型機墜落事故 | トップページ | 韓国は背伸びしている先進国 »