« 川内原発が再稼働へ | トップページ | 沖縄ヘリ墜落事故 »

2015年8月12日 (水)

ワタミが業績不振

居酒屋チェーン大手のワタミの2015年4月から6月の第一四半期の業績が公表されましたが、営業損益が9億円の赤字、純損益が15億円の赤字でした。ワタミは従業員の過労死問題などブラック企業との指摘を受けたことや、メニューの割高感などで、客離れが進んでいることが報じられていましたが、業績の面でもそれらが裏付けられた形です。

世間ではアベノミクス効果などともてはやされましたが、大衆レベルでの収入や生活の向上が認められず、居酒屋などでのささやかな消費についても影を落としている一面もあるのでしょうが、自身の利益追求のため、社員に犠牲を強いる姿勢に消費者が嫌悪感を感じている証のような気がします。

某牛丼チェーンのワンオペと呼ばれる過酷な一人業務も批判を浴びていますが、社員が満足な社会生活を送れないような勤務体制でなければ存続できないビジネスモデルは所詮長続きしません。快適なサービスを適正な料金で提供するのが企業のあるべき姿です。

Photo

写真はワタミとは無関係です。

|

« 川内原発が再稼働へ | トップページ | 沖縄ヘリ墜落事故 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/62066936

この記事へのトラックバック一覧です: ワタミが業績不振:

« 川内原発が再稼働へ | トップページ | 沖縄ヘリ墜落事故 »