« いやはや何とも | トップページ | だし汁ってあり? »

2015年9月17日 (木)

議会制民主主義

安保関連法案の委員会採決で国会がもめていますが、民主主義を声高に叫ぶ野党が委員会室を実力で封鎖するなど言行不一致は困ったものです。私は政党としての自民党を支持しない立場ですが、物理的な実力行使や問責決議案の乱発などのような旧態以前とした議会戦術には正直反吐が出ます。

野党は国民の声を無視するなと主張していますが、共同通信が行った8月時点の政党支持率は以下の通りです。

自民党           24.1%
民主党            5.6%
公明党            3.6%
維新の党          1.6%
共産党            2.0%
社民党            0.5%

支持政党なし       61.0%

この結果を与党と野党で見てみると

与党             27.7%
野党             11.3%

となって、野党はダブルスコアで与党に負けています。国会の議席数で言えば、小選挙区制のせいで与党が少ない支持率で野党を圧倒する議席を得ていますが、これは中選挙区制を小選挙区制に変更することを求めた野党の要求が実現した結果です。
何にしても野党の支持率は与党のそれにはるかに及びません。

もし、議席数でははるかに下回るものの、支持率では逆転、または拮抗している状況であれば国民の指示が多数と言えなくもありませんが、このような状況は野党の努力不足、力不足の表れです。議会制民主主義は最終的に多数決による採決で議案の決着を行ないます。もし、本当に議会制民主主義の立場に立とうとするのであれば、正々堂々と採決に臨み、反対票を投じるべきではないでしょうか。言論の府たる議会での物理的な抵抗を国民多数は支持しません。

|

« いやはや何とも | トップページ | だし汁ってあり? »

コメント

野党は鴻池委員長の不信任案を提出。鴻池委員長は参議院の存在意義を強調して拙速な採決には批判的な立場だった。

審議日数は無限ではないので、一定の時期が来れば採決は当然。こんな理屈も判らない民主党は更に支持を失うことを理解できないらしい。

投稿: 雨辰 | 2015年9月17日 (木) 10時34分

委員会の採決に際して委員長に物理的にのしかかるのは暴力でしかない。

民主党はかつて責任野党を標榜して政権の受け皿としての存在をアピールしていたが、委員長席に殺到する様はチンピラと変わらない。下野することになった理由が未だに理解できていないようだ。

自らが騒乱状態を作っておきながら、混乱で状況が不明のまま採決が行われてしまったなどと言っているようでは責任の自覚はまるでなし。この政党には未来がないことがはっきりと示された瞬間だった。

投稿: 雨辰 | 2015年9月17日 (木) 19時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/62296660

この記事へのトラックバック一覧です: 議会制民主主義:

« いやはや何とも | トップページ | だし汁ってあり? »