« 青薙山 その他の写真編 | トップページ | VW排ガス不正問題 »

2015年9月24日 (木)

マスターズ陸上世界記録保持者は地元出身者

シルバーウィーク最終日の23日、京都市西京極総合運動公園補助競技場で行われた京都マスターズ秋季記録会で、市内在住の105歳の宮崎秀吉(ひできち)さんが105歳から109歳の区分で記録に挑み、100mで44秒22、砲丸投げで3m25をマークし、同クラスでの世界記録として認定されました。

宮崎さんは100歳から104歳の部で、100m29秒83の記録を持っており、今回の記録には「目標としていた35秒台に遠く及ばず涙が出た」と残念がっていたそうですから、老人パワー恐るべしです。

宮崎さんは浜松市天竜区春野町出身で農協職員をしていましたが、30年ほど前に京都市に住む娘さんと同居し、92歳になって陸上競技を始めた遅咲きの競技者です。「成績が悪かったのでここで止めるわけにはいかない」と今後も現役続行を宣言したそうです。

|

« 青薙山 その他の写真編 | トップページ | VW排ガス不正問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/62342819

この記事へのトラックバック一覧です: マスターズ陸上世界記録保持者は地元出身者:

« 青薙山 その他の写真編 | トップページ | VW排ガス不正問題 »