« 消防ヘリ訓練風景 | トップページ | 中日新聞が防衛費に関してミスリード »

2015年9月 7日 (月)

応急修理キットの車でパンク!

週末は恒例の閑人倶楽部のキャンプでした。会場は例によって雲上の林道上にある某所です。集合はそれぞれの都合に合わせて三々五々と集まる方式です。ところが、あるメンバーが到着しても車のタイヤをじっと見つめたままです。声をかけるとどうやらパンクをした様子です。

私の世代はパンクと言えばスペアタイヤですが、最近は応急タイヤどころか予備のタイヤがなく、応急修理キットしかない車が増えていると聞いていましたが、彼の車もスペアタイヤがありません。タイヤを調べると床張りなどに使う先の尖った皿頭のネジがささっていました。どうやら下界で刺さったままここまで何とか走って来れたみたいです。

パンク修理のためドライバーでネジを外し、修理液を注入して付属の電動ポンプでエアーを入れますが、盛大に空気が抜けてしまいます。マニュアルでは車を運転させてタイヤを回転させ、遠心力で修理液を穴の部分に充填させるようになっていましたが、そのようにしても上手く行きません。

仕方がないので、一旦外したネジを再びタイヤに捻じ込んでから同じ作業をすると、何とか空気圧が確保できる状態になり、皆ほっと一安心です。

スペアタイヤ廃止の理由としては道路事情が改善され、パンクの機会がほとんどなくなったことや省スペース、コストダウンが上げられています。また、一般道路であればJAFなどの道路サービスを依頼できますが今回のような、携帯の圏外で人家から離れた場所で発生した場合は、応急修理キットで手に負えないと困ってしまう事態も考えられます。新車購入の際は、応急修理キットだけでなく、スペアタイヤ搭載の選択もできることが必要ではないかと思います。

P9060030r15

心配された天気も何とか持って、ワンコもリフレッシュできました。

|

« 消防ヘリ訓練風景 | トップページ | 中日新聞が防衛費に関してミスリード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/62234423

この記事へのトラックバック一覧です: 応急修理キットの車でパンク!:

« 消防ヘリ訓練風景 | トップページ | 中日新聞が防衛費に関してミスリード »