« マスターズ陸上世界記録保持者は地元出身者 | トップページ | 悲しい便り »

2015年9月25日 (金)

VW排ガス不正問題

フォルクスワーゲンが米国で販売していたディーゼル車について、エンジン制御プログラムに排ガス測定時のみに作動するモードを設け、規制をごまかしてクリアしていた問題が深刻化しています。これまでも、静止した状態での測定と実際に走行した時ではNoxの値が相当違っていることが指摘されていましたが、まさか専用の対応モードまで作っていたとは驚くばかりです。

ガソリン価格が安く、大排気量のガソリン車が好まれる米国と違って、ヨーロッパでは燃費が良く、COの排出量が少ないディーゼル車が好まれる傾向にありました。我が国でも燃費が優れていることで、RV車を中心にディーゼル車が盛んに販売された時期がありました。ところが、黒煙問題やNoxについての規制が厳しくなり、多くの車からディーゼルエンジンのラインナップが消えてしまいました。

私も当時1BOXタイプのディーゼル車に乗っていましたが、燃料代が安いこと、低燃費による給油距離が長いことなどディーゼル車のメリットは大きいことを実感していましたので、排ガス問題をクリアしたクリーンディーゼルの実現に期待を寄せていました。日本ではコモンレール方式や尿素を使った触媒システムの採用などで、トヨタのGD型エンジンではNoxを最大99%削減可能としています。また、マツダのSKYACTIV-D方式では尿素による触媒を不要としています。

このように他のメーカーが技術開発に心血を注いでいる中で、測定時のみクリーンなエンジンをあたかも環境対応エンジンであるかのように販売することは、不正な競争以外の何物でもありません。このようなことは特定の技術者や部門の独断でできることではありません。相当上位の経営陣の関与が疑われます。

今後VW社に対しては制裁金や賠償問題、法令違反に対する刑事責任など、経営の根幹を揺るがす事態になることは必至です。愚直とさえ言われたドイツ人が何故このような安易なごまかしに走ってしまったのか、今後の解明が待たれます。

P9200013r15

環境保全は人類に課せられた重い課題です。企業が自身の利益のために、ないがしろにすることは許されません。

|

« マスターズ陸上世界記録保持者は地元出身者 | トップページ | 悲しい便り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/62349245

この記事へのトラックバック一覧です: VW排ガス不正問題:

« マスターズ陸上世界記録保持者は地元出身者 | トップページ | 悲しい便り »