« 栗城氏5度目チャレンジもエベレスト断念 | トップページ | スーパームーン »

2015年9月28日 (月)

落とし物の後始末

山に登る際はいつもカメラと三脚を持参しています。デジカメの写真には撮影時の日付や時刻が記録されるので、後日、あの山であの花を見たのはいつ頃だったんだろうと言う時には、写真の記録を見て次の計画の参考にしています。実は三脚はグループで行った時の集合写真を撮る時に使う位で、あまり使う機会はないのですが、ほとんど癖のようなもので、ザックのサイドベルトに付けて持ち歩いて来ました。

ところが先日の青薙山登山から帰って、荷物の整理をしていたら三脚のパンハンドル(下の写真の枠線内の部品)がないことに気が付きました。

P9200009r15

これまでこんな具合にザックに取り付けていて、脱落するような事故がなかったので、全く気にしていませんでしたが、実際見ると該当部分が抜け落ちていました。この三脚も購入してから随分経つので、新しいものを買いなおしても良いのですが、他の部分は全く問題ないので修理することに決めました。

メーカーのHPをのぞくと、部品代は@1200円(税抜き)ですが、送料と代引き手数料が別途700円ほどかかってしまいます。製品自体は既にモデルチェンジしており、現行品は5000円ほどなので2000円と言う金額は微妙です。しばし考えましたが、市販のねじで代用品を作ることにしました。

P9280290_2

ホームセンターで寸切りボルト(ボルトの頭がないネジだけのボルト)とスペーサー、木の丸棒を買って約500円ほど。ボルトと丸棒を必要な長さに切って、ドリルで穴あけし、ボルトを丸棒に接着して出来上がり。ボルトにカラーとワッシャーを通して雲台に取り付けて完成です。丸棒を回すとしっかり固定できました。

パンハンドルが脱落したのは長年の使用によってネジがゆるんだのが原因だったのかも知れませんが、いつもの延長だからと言った気のゆるみが、本当の原因だったのかも知れません。

|

« 栗城氏5度目チャレンジもエベレスト断念 | トップページ | スーパームーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/62369089

この記事へのトラックバック一覧です: 落とし物の後始末:

« 栗城氏5度目チャレンジもエベレスト断念 | トップページ | スーパームーン »