« ゴン中山が実戦復帰 | トップページ | マレーシア航空機はロシア製ミサイルで撃墜 »

2015年10月13日 (火)

翁長知事が辺野古埋め立て承認を取り消し

沖縄県の翁長知事が、本日辺野古埋め立て承認の取り消す手続きを行いました。辺野古の埋め立て承認は仲井間前知事が承認し、それに基づいて政府が埋め立て工事を開始していましたが、沖縄県は承認に瑕疵があったとして承認を取り消す意向を表明していました。

これに対し、防衛省は公有水面埋立法を所管する国土交通省に取り消し処分の効力停止と処分の取り消しを求める行政不服審査を申し立てるものと見られており、この間も工事を進める意向です。

正直翁長知事の思考回路が理解できません。地方自治体が国防や外交など政府の統治行為について正面から異を唱えるばかりか、実力行使をするなど越権行為も甚だしいと言わざるを得ません。ましてや米軍の基地については安保条約で基地の提供を義務付けられており、基地の必要性について論ずること自体が国に対する越権行為であり、米国にしてみれば日米合意に対する外交的暴挙です。今回は公有水面埋立法の許認可を知事が行っていることを盾に取ったものですが、同法が国交省の管轄下にある以上、県が国交省の上に立つことなどあり得ません。また辺野古周辺の住民の大半は埋立について容認していますが、本来の当事者である民意を無視する行為です。

この問題は、そもそもが普天間飛行場の移転問題に端を発しており、鳩山元首相の軽率な妄動によって大幅に着工が遅れて危険な状況が固定化されているのに、恣意的で強引な法解釈で更に混乱を引き延ばすような行為は断じて認められません。

|

« ゴン中山が実戦復帰 | トップページ | マレーシア航空機はロシア製ミサイルで撃墜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/62466221

この記事へのトラックバック一覧です: 翁長知事が辺野古埋め立て承認を取り消し:

« ゴン中山が実戦復帰 | トップページ | マレーシア航空機はロシア製ミサイルで撃墜 »