« 秋色めいた浜松城 | トップページ | ご愛読に感謝 »

2015年11月 3日 (火)

日韓首脳会談が3年半振りに開催

昨日、ソウルで朴大統領と安倍首相の会談が1時間45分にわたって行われましたが、日韓両国首脳の会談は実に3年半振りのことでした。取材映像では、朴大統領が見せた何時にない笑顔が印象的でしたが、通常は行われる会談後の共同記者会見や昼食会は設定されず、隣国の首相を迎えるについて非礼な印象はぬぐえません。

会談後、安倍首相はソウル市内の焼き肉店で、武藤駐韓国大使らと食事を摂ったとのことですが、一国の指導者が訪問国で公式な場を用意されないのは、相手をそれだけ低く見る行為で、外交上大変失礼な態度です。日本側が和食でなく韓国料理を選択したのは、韓国側に配慮したからで、逆に日本に対してこうした配慮ができないのが韓国です。同時に訪問中の中国の李首相に対しては晩さん会でもてなしていますから、その態度はあからさまとも言えます。

ちなみに李明博前大統領が2008年4月に訪日した際は、会談後の共同記者会見、天皇皇后両陛下との会見、総理夫妻による晩さん会でもてなしています。

現在経済の減速で苦境にある韓国は、日韓通貨スワップの復活を希望しているようですが、そもそも韓国側から打ち切りを希望し、今年の2月に終了させたものをわずか半年余りで再開させたいとは虫が良すぎると思いますが、その相手国に対しての振る舞いがこれですから、何をかいわんやです。

ただ、何にしても隣国同士ですから、せめて今後は年1回くらいは会談をして、意思の疎通は図って欲しいものです。

|

« 秋色めいた浜松城 | トップページ | ご愛読に感謝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/62604740

この記事へのトラックバック一覧です: 日韓首脳会談が3年半振りに開催:

« 秋色めいた浜松城 | トップページ | ご愛読に感謝 »