« 都道府県機動隊に自動小銃を配備 | トップページ | カフェイン中毒死 »

2015年12月21日 (月)

インドネシアでT-50練習機が墜落

ロッキードマーチンが開発し、韓国が生産してインドネシアに輸出した超音速ジェット練習機のT-50が20日、同国ジョグジャカルタでのイベントで曲技飛行中に墜落、乗員2名が死亡する事故を起こしました。公開されている映像からはロールしながら下降していた機体が引き起こしが間に合わず、そのまま地上に激突したように見えますが、パイロットの操縦ミスなのか、エンジン系、操舵系のトラブルによるものかは現時点では判っていません。

T-50については、米国がT-38練習機の後継に検討中と伝えられていますが、今回の事故が採用に何らかの影響を及ぼす可能性があります。T-50は現在唯一の超音速練習機ですが、昨今はフライトシミュレーターの発達から、超音速練習機の必要性はなくなったとされており、わが国のT-4練習機も亜音速となっています。超音速のT-50は、その分高出力のエンジンを搭載することで価格が高くなり、過剰スペックとの批判もありますが、アジア諸国のの規模の小さな空軍では、攻撃機への転用ができる点が評価されているようです。

インドネシアでは16機を導入していましたが、事故原因の究明が待たれます。尚、T-50の墜落事故はこれまで韓国で2回発生しており、今回が3回目となります。

P9280225r

空自のT-4練習機です。

|

« 都道府県機動隊に自動小銃を配備 | トップページ | カフェイン中毒死 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/62910331

この記事へのトラックバック一覧です: インドネシアでT-50練習機が墜落:

« 都道府県機動隊に自動小銃を配備 | トップページ | カフェイン中毒死 »