« ナベヅルの新たな越冬地 | トップページ | 新聞の軽減税率に違和感 »

2015年12月15日 (火)

盗作騒動

今年発売された平浩二さんの新曲「ぬくもり」の歌詞が、1992年発売のMr.Childrenの「抱きしめたい」に酷似している問題が話題となっています。片や23年も前の曲であり、曲のジャンルもポップスと演歌の違いはありますが、歌詞の一字一字が全く同じと言うことは本来在り得ません。「ぬくもり」を作詞した沢久美氏は「抱きしめたい」は知らなかった、盗作ではないと言っているようですが、偶然の一致の範囲をはるかに逸脱しています。

今年は東京オリンピックのロゴマークの問題もありましたが、文学界でも韓国の申京淑(シン・ギョンスク)氏の「伝説」が三島由紀夫の「憂国」からの盗作ではないかとの盗作騒動がありました。「伝説」1994年の発表でしたが、今年になって両者の表現が酷似していると騒ぎになりました。当初申氏は「憂国」を読んだことがなく、盗作はしていないと否定していましたが、後に一転して盗作を認め、謝罪しました。

私には今回の騒動が、この件と重なって見えて仕方ありません。こう言っては失礼ですが、かつてスター歌手だった平さんも今ではあまり注目される存在ではないことから、沢氏も、つい魔が差したのかも知れません。それにしても気の毒なのは平さんと作曲の西つよし氏です。今回初めて「ぬくもり」を聞きましたが、実にいい作品に仕上がっていました。一人の不心得者のために、多くの人の努力が無駄になってしまったことが残念で仕方ありません。

P1110007r

|

« ナベヅルの新たな越冬地 | トップページ | 新聞の軽減税率に違和感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/62876075

この記事へのトラックバック一覧です: 盗作騒動:

« ナベヅルの新たな越冬地 | トップページ | 新聞の軽減税率に違和感 »