« 金星探査機「あかつき」が軌道変更に再チャレンジ | トップページ | 野面積みへの誤解 »

2015年12月 5日 (土)

竹田城の本丸が再公開

雲海に浮かぶ天空の城として兵庫県の竹田城が大変な人気ですが、人気が高じて不心得者が増えたり、事故が起きたりで現在は本丸及び天守台が立ち入り禁止となっています。

P6070064r15

竹田城天守台。石垣右側が本丸への入り口ですが、現在は立ち入り禁止の表示がされてロープが張られています。

P6070038r15

南二の丸から見た本丸全景。秀吉の家臣となった赤松広秀が1586年に城主となり、穴太衆による石垣の城に造り上げました。江戸時代に入ると権力の象徴として石垣を備えた立派な城が各地で造営されましたが、それ以前の織豊期に石垣が組まれた城郭で城跡全域の石垣が現存しているのは豊後竹田城(岡城)など、あまり例がなく共に国の史跡となっています。

P6070060r15

二の丸から見た本丸方面。天守台から城内が一望できることが判ります。本丸への立ち入りが解禁されるのは来年3月からとなりますが、これまで絶好のビューポイントをしり目に迂回した見学路を通ることしかできませんでしたので、解禁後は入場者が更に増えることが懸念されます。

|

« 金星探査機「あかつき」が軌道変更に再チャレンジ | トップページ | 野面積みへの誤解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/62808074

この記事へのトラックバック一覧です: 竹田城の本丸が再公開:

« 金星探査機「あかつき」が軌道変更に再チャレンジ | トップページ | 野面積みへの誤解 »