« MRJが量産機の納入開始を1年延期 | トップページ | 日本が発見の新元素が国際認定に »

2015年12月25日 (金)

ひじきの含有鉄分が10分の1に

食品に含まれる成分を表示した「日本食品標準成分表」が5年ぶりに改訂され、7訂版になりました。今回の改訂で大きく内容が変わったのがひじきです。これまでは鉄分を多く含む食品とされ、100gあたり55mgでしたが、新しい表示では鉄釜の製品が58.2mg、ステンレス釜の製品では6.2mgと2種類の表記になりました。

これは従来は生のひじきを鉄製の釜で蒸し煮にして処理していたことから、この過程で鉄分を吸着していたのが、最近はステンレスの釜が主流となって鉄分の含有が大幅に少なくなってしまったためです。おそらく、鉄釜の場合、海水に含まれる塩分によって釜の耐久性が低くなったり、錆の発生が嫌がられたことによるものと推測されますが、高鉄分が売り物だっただけに少々残念な気がします。鉄釜を謳った製品がもっとアピールされてもいいような気がします。

|

« MRJが量産機の納入開始を1年延期 | トップページ | 日本が発見の新元素が国際認定に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/62934759

この記事へのトラックバック一覧です: ひじきの含有鉄分が10分の1に:

« MRJが量産機の納入開始を1年延期 | トップページ | 日本が発見の新元素が国際認定に »