« 軽井沢バス転落事故は操作ミスか | トップページ | 新型タブレットを導入 »

2016年1月23日 (土)

高梨沙羅が今季5勝

23日、山形市クラレ蔵王シャンツェで行われたノルディックスキーの女子ジャンプW杯個人第7戦で高梨沙羅選手が5連勝で優勝し、今季6勝目、通算36勝目をあげました。2位はマヤ・ブティック(スロベニア)、3位はエマ・クリネツ(スロベニア)で、伊藤有希は7位でした。高梨はこの大会で5連勝となり、今季7戦中6戦で優勝し、W杯通算で2位のダニエラ・イラシュコ(オーストリア)を大きく引き離しています。

前期は前半の不調がたたって総合優勝を逃しましたが、今季は好調を維持し、現在のところ死角は見当たりません。W杯の通算優勝も前人未踏の36勝となり、更新を続けています。かつてノルディック複合で、荻原健司が圧倒的な強さを見せましたが、高梨沙羅はそれ以上の存在となりつつあるようです

|

« 軽井沢バス転落事故は操作ミスか | トップページ | 新型タブレットを導入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/63110298

この記事へのトラックバック一覧です: 高梨沙羅が今季5勝:

« 軽井沢バス転落事故は操作ミスか | トップページ | 新型タブレットを導入 »