« ATD-Xの初飛行は? | トップページ | 中東がきなくさい »

2016年1月 4日 (月)

またも動き出したゴール

慰安婦問題は日韓両政府の合意により、最終決着を見たはずですが、どうも雲行きが怪しくなって来たようです。日本政府が責任を認めて謝罪し、支援金10億円を国庫から支出し、韓国政府は今後この問題について2度と蒸し返すことをせずに、ウィーン条約に違反する日本大使館前に設置された少女像について、適切に解決するように努力すると合意した筈ですが、韓国外務省が合意を反故にするかのような言動を行ないました。以下産経Webニュースからの引用です。

岸田文雄外相が4日、ソウルの日本大使館の前に違法に設置されている慰安婦像について、日韓両政府の合意を踏まえ、「適切に移設されると認識している」と述べたことについて、韓国外務省は同日、在韓日本大使館の関係者を呼び、強く抗議したという。

 同省当局者は聯合ニュースに対し、「合意の円満な履行には、誤解を招きかねない日本側の言動がこれ以上あってはならない」と語ったという。さらに、この当局者は、慰安婦像について「民間が自発的に設置したもので、政府があれこれ言えないということを再度明確にしたい」とも述べたという。

元々少女像は歩道に無許可で設置されているもので、韓国政府はウィーン条約に基づいて撤去するのが当然のところをこれまで放置して来たものです。また、道路管理者として不法な設置物を除去する責任があります。また撤去については尹炳世(ユン・ビョンセ)外相自身が「公館の安寧・威厳の維持の観点から懸念している」と述べ、「適切に解決されるよう努力する」としていた筈ですが、一国の外相が他国に対して約束した事柄が、配下の人間によっていとも簡単に否定されるとは、韓国外務省の信用は3歳児の約束以下でしかありません。

当初から合意内容の履行については懸念されていましたが、まさかこんなに早くほころびが出るとは思いもしませんでした。

|

« ATD-Xの初飛行は? | トップページ | 中東がきなくさい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/63004636

この記事へのトラックバック一覧です: またも動き出したゴール:

« ATD-Xの初飛行は? | トップページ | 中東がきなくさい »