« 政府が高高度防衛ミサイルの導入検討を明言 | トップページ | 日本製民生用レーダーを北朝鮮が海軍艦船に転用 »

2016年2月11日 (木)

X-2が地上滑走試験を開始

本日午前、先進技術実証機X-2が地上滑走試験を開始しました。昨日はMRJが試験飛行を再開したので、X-2のタキシングもそろそろかな、と思っていましたが、思っていたよりも早めに動き出しました。今日は祭日なので、恐らく明日あたりにはと推測したのですが、もしかしたら明日以降は天気が下り坂なので、早めに済ましておこうとしたのかも知れません。

X-2を製造した三菱重工は国産初の超音速ジェット機であるT-2練習機やF-2戦闘機の開発経験があり、F-104以降の戦闘機をライセンス生産した実績がありますので、新型機の開発においても十分な信頼性を持っています。そして、これは大いに誇って良いことですが、わが国では戦後の新型機の試験飛行において、1件の墜落事故も起きていません。

Photo_2

ステルス性能測定用のATD-Xのモックアップ。  防衛省の資料より

初飛行まで、本当にあと一息となりました。

|

« 政府が高高度防衛ミサイルの導入検討を明言 | トップページ | 日本製民生用レーダーを北朝鮮が海軍艦船に転用 »

コメント

名古屋空港の展望デッキから撮影されたと思われる、YouTubeの動画を見ると中低速でブレーキの利きを繰り返し確認している様子でした。三菱の社員らしき人が動画を撮影していましたので、その内正式に公開されるかも知れません。

投稿: 雨辰 | 2016年2月12日 (金) 09時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: X-2が地上滑走試験を開始:

« 政府が高高度防衛ミサイルの導入検討を明言 | トップページ | 日本製民生用レーダーを北朝鮮が海軍艦船に転用 »