« 桜前線がスタート | トップページ | 里は春でも山は冬 »

2016年3月20日 (日)

2000mの山頂で一泊

昨年の秋に一泊登山をしましたが、下山時にひざを痛めてしまい、以来本格的な登山から遠ざかっていましたが、今日は半年ぶりにテント泊の登山です。

静岡市の北部安部川の上流に位置する山岳は、安倍奥の山と称されていますが、その盟主である最高峰の山伏(やんぶし)は古くから岳人に親しまれ、静岡県の山岳愛好者の母とも言える山です。2000mを超える山でありながら、高峰に与えられる岳の名をかたくなに拒否して地元の岳人(がくじん)にやんぶしの名で古くから親しまれています。

この山域にテント泊をするのは10年振りくらいなので、様々な思いに浸りながら長い夜を明かすつもりです。

P6010021r

初夏の山伏頂上からの富士山、この景色を見るために重いザックを担ぎ、汗を流して山道を登るのですが、十分その価値はあるのではないでしょうか。

|

« 桜前線がスタート | トップページ | 里は春でも山は冬 »

コメント

天気予報の晴れを信じて登って来ましたが、昨夜はずっと雪が降り、今朝も展望は望めず失意で下山中です

投稿: 雨辰 | 2016年3月21日 (月) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/63367742

この記事へのトラックバック一覧です: 2000mの山頂で一泊:

« 桜前線がスタート | トップページ | 里は春でも山は冬 »