« 代車は高級ハイブリッド車 | トップページ | グーグル自動運転車が衝突事故 »

2016年3月 1日 (火)

護衛艦に女性艦長誕生

男女平等化が進み、職域の壁が少なくなっています。軍事の世界も例外ではなく、後方支援だけでなく、一線部隊への女性進出が進んでいますが、ついに戦闘艦である護衛艦の艦長に女性自衛官が任命されました。

新たに護衛艦「やまぎり」(基準排水量3500トン、乗員220名)の艦長に任命されたのは大谷三穂2等海佐(44)で海上自衛隊護衛艦で初の女性艦長となりました。艦長への任命基準がどのようなものかは不明ですが、一定数の女性が自衛官に配属されていますので、能力があれば上位の役職に就くのは当然です。今後女性艦長が増えていくのか、また「やまぎり」はどちらかと言うと排水量の小さな護衛艦ですが、より大型の艦船の艦長を任せられるのか海自における女性自衛官の在り方が注目されますが、どこぞの女性大臣のように、女性であることだけが任命理由なのは願い下げです。

P6030007r15

佐世保港に停泊中の護衛艦「ありあけ」(手前)と「あきづき」。「ありあけ」が基準排水量4550トンなので「やまぎり」はこれよりも一回り小さな船体となります。

|

« 代車は高級ハイブリッド車 | トップページ | グーグル自動運転車が衝突事故 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 護衛艦に女性艦長誕生:

« 代車は高級ハイブリッド車 | トップページ | グーグル自動運転車が衝突事故 »