« オバマ大統領の広島訪問が決定 | トップページ | ありし日の熊本城 その1 »

2016年5月12日 (木)

三菱が日産の傘下に

不正燃費問題で苦境に立たされている三菱自動車が、日産の資本を受け入れて傘下に入る方向で検討されていることが明らかになりました。昨夜、急遽明らかになったところによれば、三菱が行なう2000億円の増資で日産が株式を取得、保有割合が30%の筆頭株主となって三菱を傘下に収めると言うものです。両社は今日、取締役会を開き、正式にこの方針を決定する見込みです。

このニュースに接して正直驚きましたが、落ち着いて考えれば大変いいアイディアだと思います。現在の状況では三菱には全く打開策がありません。身から出た錆と言えば、その通りなのですが、下請け企業や社員の苦境は取り除かなければなりません。

一方の日産も、三菱から供給を受けるけ軽自動車の販売比率が全体の3割となっており、このままで販売実績に重大な影響が及ぶことになります。また自社が販売した車両については、日産の責任が問われます。

資本参加によって、「今回の問題は三菱に責任があるが、今後は日産がしっかり目を光らせて安心できる車を提供します」と言う構図が成り立ち、このことによって三菱、日産双方のダメージを軽くなります。また、双方が保有する特許や技術を相互使用することによって、経営資源の節約ができ、商品力を高められます。

パッソやヴィッツと言ったトヨタのようにエントリーカーを持たない日産にとって、三菱からの軽の供給は経営上欠かせない存在になっていました。この問題が表面化したのも、日産が車両開発の基礎データー取得のために燃費測定を行なったことからと言われていますが、その時点でこのシナリオが練られていたとすれば、まさにやっちゃえ日産!の面目躍如です。

P5240028r15

権謀術策が縦横に巡らせられた戦国の世を描いた真田丸のオープニング映像に使われている備中松山城ですが、他意はありません。

|

« オバマ大統領の広島訪問が決定 | トップページ | ありし日の熊本城 その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/63616641

この記事へのトラックバック一覧です: 三菱が日産の傘下に:

« オバマ大統領の広島訪問が決定 | トップページ | ありし日の熊本城 その1 »