« C-2輸送機量産初号機が納入 | トップページ | 高速走行の危険 »

2016年7月 2日 (土)

無人運転車で初の死亡事故

恐れていた事故が起きてしまいました。高速道路を自動運転モードで走行中の米国ステラ社のセダン「Sモデル」が、ランプウェイから進入して来た大型トレーラーと衝突し、運転した男性が死亡したというものです。テスラは前を走行する車への自動追従や自動レーン変更など、運転支援によって初歩的な自動運転が可能となっていますが、運転の責任は運転手にあり、いつでも手動運転に切り替えられるようにハンドルを握っていることを求めています。

運転手が死亡してしまっていますので、ドライブレコーダーなどの映像がない限り、事故の原因究明は困難が予想されます。一部の記事では当日は晴天でトレーラーの車体がシルバーだったことからカメラが相手車両を認識できなかったのではないかとされ、現場にはブレーキ痕がなかったとしており、テスラのシステムが相手車の存在を感知していなかった可能性があります。

テスラのセンサーは全て公表されていないようですが、前方についてはナンバープレート下のミリ波レーダーとルームミラーの部分に取り付けられたカメラによる映像によって情報を得ているようです。この位置ですと右から進入する車については、かなり前方の位置関係にならないと検知できないのではないかと思われます。前車の減速などには十分対応できますが、斜め後方から接近する車両の検知について死角になっていたのかも知れません。

実は自動運での高速道路における合流の問題は日本でも認識されており、十分な車間が確保できない状態で連続的に車が流れているような状況では車が停止してしまい、合流できないケースが少なからずあるようです。このような状況は人間が運転しても難しい場面ですが、安全を優先すれば割り込みのような操作はできませんし、合流を優先すれば本線走行車に事故を誘発しかねません。根本的には車同士でお互いの存在を認識できる信号のやり取りをするシステムが不可欠のような気がします。

自動運転と言いますと、運転手不在でも目的地に走行可能なシステムを思い浮かべてしまいますが、実現には車の進歩だけでなく、それを可能にする道路環境や交通システムの構築など、超えるべきかなり高いハードルがあることを改めて思い知らせた今回の事故でした。

|

« C-2輸送機量産初号機が納入 | トップページ | 高速走行の危険 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/63857252

この記事へのトラックバック一覧です: 無人運転車で初の死亡事故:

« C-2輸送機量産初号機が納入 | トップページ | 高速走行の危険 »