« 参院選に審判下る | トップページ | ちょっと時間がかかり過ぎ »

2016年7月12日 (火)

永六輔氏が死去

私の青春時代に大きな影響を与えた人がまた一人この世を去ってしまいました。作詞家、エッセイシスト、そしてマルチタレントとして長く放送の世界で活躍した永六輔氏が、83歳で鬼籍に入ったことが昨日明らかになりました。

Pb300374

旅番組の走りとなった「遠くへ行きたい」で日本各地の隠れた名所を知り、同名の番組主題歌を口ずさみながら、まだ見ぬ土地に思いを馳せました。私が旅行や山歩きに興味を持つようになったのは永氏がいたからに他なりません。

P5260084r

♪ 知らない街を 歩いてみたい どこか遠くへ 行きたい

  ・・・・・・・

   夢はるか一人旅      ♪

私が、一人旅を好むようになったのはこの歌の影響が大きかったと思います。

Pb020195

NHKの「夢であいましょう」以降は、もっぱら活動の場をラジオに移し、「誰かとどこかで」は桃屋1社の提供で1967年から2013年まで続いた長寿番組でしたが、晩年は滑舌が衰えたのが感じられ、番組終了時にはその健康状態が大変心配されました。

私たちの世代に、あまりにも多くの思い出を残して、永さんは本当に遠くに行ってしまいました。

|

« 参院選に審判下る | トップページ | ちょっと時間がかかり過ぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/63904334

この記事へのトラックバック一覧です: 永六輔氏が死去:

« 参院選に審判下る | トップページ | ちょっと時間がかかり過ぎ »