« ちょっと時間がかかり過ぎ | トップページ | 中国の品格 »

2016年7月13日 (水)

中国の九段線は根拠なしと仲裁裁判所

南沙諸島における中国の傍若無人な領土主張に対し、フィリピンが国際法違反だとして国際仲裁裁判所に提訴していた問題について、12日に仲裁裁判所が判断を下しました。この判断で、中国が主張する九段線で囲った海域について、歴史的権利があるとする中国の主張には法的根拠がなく、「中国が歴史的に、この海域や資源を排他的に支配したとの証拠はない」と断定しています。また、南沙諸島には「島」は存在しないとも明示しました。

国連海洋法条約では121条に定義があり、

  • ・自然に形成された陸地であること
  • ・水に囲まれていること
  • ・高潮時に水没しないこと
  • としています。今回台湾が実効支配している太平島も島ではないと判断されましたが、過去に人工的に盛土されて造成されたと認定されたのかも知れません。いずれにしても、これまで中国が武力によって次々と岩礁を埋め立てて軍事基地化し、自国領土として来た覇権主義丸出しの行為について国際機関が断罪した意義は大きく、中国の独善的で膨張的な外交姿勢が厳しく問われることになります。

    P6040057r15

    |

    « ちょっと時間がかかり過ぎ | トップページ | 中国の品格 »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/63909348

    この記事へのトラックバック一覧です: 中国の九段線は根拠なしと仲裁裁判所:

    « ちょっと時間がかかり過ぎ | トップページ | 中国の品格 »