« 大谷投手が20号本塁打 | トップページ | 市内から富士山が見えた! »

2016年8月29日 (月)

ELECOMさん、ゴメンナサイ

3年半前にインターネット接続をADSLから光回線に切り替え、合わせてモデムを業者専用の無線モデムに変更しました。するとADSL時代に無線ルーターを使っていた時には発生しなかた、Wifi接続が突然切断するトラブルが頻発するようになり、業者に点検してもらいましたが、異常なしとのことでしたので、あきらめて我慢して使っていました。

ところが・・・・。月額使用料の引き下げを目的に、別の業者に回線を変更したところ、今までのトラブルがうそのように解消してしまいました。これまで我慢に我慢を重ねてきた来たことが馬鹿らしくなるような、劇的な改善です。詳しいことは解りませんが、どうも無線ルーターの仕様が違うことが原因のようです。

で、もしやと思ったのがBluetoothのトラブルです。年末にタブレットのNEXUS-7が壊れてしまい、スマホとタブレットPCに買い換えましたが、その時に外部接続端子を空けておきたかったのでBluetooth方式のマウスを購入しました。ところが、ペアリングして使ってみると30分も経たない内に反応しなくなってしまいました。おかしいなあと思いながら、再びペアリングすると、また使えるようになりますが、しばらくするとまた反応しなくなってしまいます。こんなことを繰り返す内に嫌になってしまい、あきらめて通常のワイヤレスマウスを買い直し、USBレシーバーを変換ケーブルに挿して使っていました。その際、どうしてこんな使えないものを売っているのかとメーカーのELECOMに対して強い不信感を抱きました。

Photo

仕方なく使っていたUSBレシーバー方式のワイヤレスマウス。マイクロUSB端子が一つしかないので、このままではUSBメモリーが使えません。

そして昨日、もしやと思ってBluetoothマウスを使ってみると、まったく問題なく使えます。こちらも、あんなに苦労したことが嘘のようです。無線ルーターもBluetoothも、周波数は2.4MHz帯を使っているため、場合によっては電波干渉によるトラブルが起きることがあるようですが、当初の光回線の業者は業界最大手です。こんな初歩的なトラブルが防止できない機器を使わせるのは無責任とか言いようがありません。

それにしても、とんだことで濡れ衣を着せてしまったELECOMさん、本当にゴメンナサイ。

|

« 大谷投手が20号本塁打 | トップページ | 市内から富士山が見えた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/64125967

この記事へのトラックバック一覧です: ELECOMさん、ゴメンナサイ:

« 大谷投手が20号本塁打 | トップページ | 市内から富士山が見えた! »