« 海自新型ミサイルのナゼ? | トップページ | 台風の余波 »

2016年9月 3日 (土)

プーチン大統領の年内訪日が決定

昨日、ウラジオストクで3時間を超えて日・ロ首脳会談が行われ、12月にプーチン大統領が来日することが正式に決定しました。ウクライナ侵攻への経済制裁や原油や液化天然ガスの価格下落によって、経済的・外交的に苦境に立っているプーチン政権にとって、日本からの経済協力の実現は国民に向けてのポイントとなるだけに、会談時間を見てもこの交渉にかけるロシア側の期待感の強さがうかがえます。

安倍首相にしても、首相の座を目前にして病に倒れた父晋太郎氏が果たせなかった、ロシアとの平和友好条約の締結と北方領土返還を成し遂げることは大きな政治的課題ですが、ロシアとしても、一旦手にした領土を手放すことは国民の怒りを買うことが目に見えていますので、大幅な譲歩などできる筈もありません。

ロシアが苦境にある、この機会を逃せば実効支配が更に進んでしまい、平和裏に北方領土を取り戻すことは困難さを増すばかりです。既に安倍首相は、現在北方領土に住むロシア人の定住を認める考えを明らかにしていますが、ロシア側の懸念を取り除くのは当然です。4島一括返還が実現すれば最高ですが、旧島民が存命の内に、例え2島でも返還が実現することを願っています。

P8160084r15

|

« 海自新型ミサイルのナゼ? | トップページ | 台風の余波 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/64149762

この記事へのトラックバック一覧です: プーチン大統領の年内訪日が決定:

« 海自新型ミサイルのナゼ? | トップページ | 台風の余波 »