« またまた悩ましい週末 | トップページ | 40年ぶりに仙丈ヶ岳に登山 »

2016年9月24日 (土)

日本向けF‐35Aがロールアウト式典

航空自衛隊が、老朽化したF‐4戦闘機の後継として採用したF‐35Aのロールアウト式典が本日未明、杉山航空幕僚長が出席し、テキサス州フォートワースで執り行われました。空自は、F‐4の代替として空軍仕様のF‐35Aを42機導入する計画で、今回の機体を含め今年中に4機を受領することになっています。

わが国にとって、初のステルス戦闘機となるため、パイロットの養成は当面米国で行っており、受領した機体も当面米国国内での訓練に使用されます。その後は三沢基地に配備され、部隊編成されるものと思われ、今後は三菱重工で最終組み立てが行われている機体が順次完成するのを待つことになります。

F‐35Aはステルス機であるとともに、EOTS複合センサーによって相手機に知られることなく相手を探知できるため、わが国に侵入しようとする敵性航空機にとっては大変嫌な存在となります。今日わが国を取り巻く軍事的脅威が大変高まっており、一日も早い実戦配備が期待されます。

|

« またまた悩ましい週末 | トップページ | 40年ぶりに仙丈ヶ岳に登山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/64247505

この記事へのトラックバック一覧です: 日本向けF‐35Aがロールアウト式典:

« またまた悩ましい週末 | トップページ | 40年ぶりに仙丈ヶ岳に登山 »