« 議会をズル休みで市議が海外登山 | トップページ | 倉吉市で震度6弱の強い地震 »

2016年10月20日 (木)

もっとバイクの活用を

先日のエアフェスタ浜松見学の際に、駐車場対策として50ccのスクーターを利用しました。エアフェスタ浜松は大変人気のある航空祭で、各地から愛好家がやって来ることもあり、周辺の道路は大変混雑します。バイクは基本渋滞しらずなので、毎回バイクを利用していますが、前回使ったのは昨年のエアフェスタ以来なので、ほぼ一年ぶりです。

原付バイクの法定速度は時速30kmですが、これはまだ自家用車が普及する前に決められた速度で、実際にこの速度で走行すると常に車に追い抜かれる形になり、万一横から飛び出しなどがあった場合でも、中央寄りにハンドルを切ることができないので、大変神経を使います。私は以前400ccのバイクに乗っていたので、道路の端を走るのは余計ストレスが溜まりました。

Ft400

400cc単気筒のホンダFT-400です。東京在住の友人に代理購入してもらったので、品川ナンバーでした。

今回走っていてふと気が付いたのですが、125ccのバイクが目立ちました。125ccのバイクは小型限定普通二輪免許以上の二輪免許が必要ですが、道路中央を走行でき、速度も時速60Km走行ができること二人乗車ができることなど実用性と安全性が評価されているようです。

ところで、少し前に普通免許でこの125ccのバイクに乗れるように法令改正の動きがあると伝えられました。国内では小型限定普通二輪免許以上が必要ですが、海外では普通免許で運転できるのが一般的で、海外に足並みを揃える狙いがあるようです。

これに対して、二輪の運転経験がない人に125ccまでを開放するのは安全の観点から、いかがなものかと言った反対意見が出されていますが、30Kmしか出せない現行の50ccで走行する方が、はるかに危険だと思われますので、この動きには大賛成です。

勿論、最低限の運転技術や安全知識は必要でしょうから、必要な講習の修了者に限れば安全も確保できると思います。以前から言われていますが、バイクは路面の専有面積が車よりもはるかに小さく、駐車のスペースも少なくて済むため、市街地に適した乗り物です。交通混雑緩和のため、もっとバイクを活用すべきと考えます。

|

« 議会をズル休みで市議が海外登山 | トップページ | 倉吉市で震度6弱の強い地震 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/64373933

この記事へのトラックバック一覧です: もっとバイクの活用を:

« 議会をズル休みで市議が海外登山 | トップページ | 倉吉市で震度6弱の強い地震 »