« 家康は城攻め名人だった | トップページ | 民間開発ロケットが宇宙へ »

2016年11月10日 (木)

東福寺通天橋での撮影を禁止

東福寺は京都屈指の紅葉の名所の一つですが、多くの観光客で混雑することでも有名です。ピーク時には一日に3万5000人が訪れるそうですからその人気ぶりが判ると思います。私も紅葉の時期に訪ねたことがありますが、帰る際には押し寄せる観光客を縫うようにして歩かなければならない始末で、その人気ぶりを実感したことがあります。

その東福寺が混雑による事故防止のため、今月13日から30日までの間通天橋上での写真撮影を禁止することにしたそうです。対象区間は境内の法堂(本堂)と開山堂を結ぶ通天橋の約20メートルと、西側の臥雲(がうん)橋の約10メートルの、ともに橋上区間となります。

Pb300400

通天橋上から撮った臥雲橋。

Pb300413

臥雲橋上から撮った通天橋。

どちらも素晴らしい撮影ポイントで、人気があるのも当然です。誰しもが写真を撮りたくなる場所なので、期間限定とは言え撮影禁止は大変残念ですが、管理者がそうと決めた以上はルールを守って撮影して欲しいと思います。

|

« 家康は城攻め名人だった | トップページ | 民間開発ロケットが宇宙へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/64471300

この記事へのトラックバック一覧です: 東福寺通天橋での撮影を禁止:

« 家康は城攻め名人だった | トップページ | 民間開発ロケットが宇宙へ »