« 日産ノートが11月新車販売でトップに | トップページ | 高梨沙羅がW杯47勝目を上げ歴代2位に »

2016年12月11日 (日)

宮古海峡上空で日中がひと悶着

防衛省の発表によれば10日午前、宮古海峡を中国軍の航空機6機が太平洋に向けて通過し、その後Su-30 2機が反転して中国方面に向かいました。空自はF-15戦闘機をスクランブル発進させ対応しました。

ちょうど那覇基地では航空祭が開催されており、来訪者の情報によればこの時F-15J戦闘機が合計10機、E-2C早期警戒機1機がスクランブルで発進して行ったと言うことです。通常のスクランブルであれば、ここまでの対応はしないので、おかしいなと思っていたら、実はどうもひと悶着あったようです。

昨夜になって中国国防省が「宮古海峡から西太平洋に向かう定例の遠洋訓練をしていた中国空軍機に対し、日本の航空自衛隊のF-15戦闘機2機が接近し、「妨害弾」を発射し中国側の安全を危うくした」と発表しました。

「妨害弾」とは、赤外線追尾ミサイルの攻撃をかわすため機体の周囲に放出する燃焼体で、通常フレアと呼ばれています。相手機に接近して発射する短距離対空ミサイルは、ほとんどがこの方式です。また、地上発射の短距離対空ミサイルも概ねこの方式なので、敵対勢力が潜んでいる可能性のある空港に着陸する輸送機などは、着陸寸前に盛大にフレアを放出しています。

Photo_3  

         平成28年度防衛白書より

写真を見てわかる通り、放出されたフレアは重力で自然落下して行くので、もしこれで安全が脅かされたとしたら中国軍機がよほど自衛隊機に接近して来たことになり、そちらの方が危険です。中国軍機の異常接近はたびたび問題となっていますが、防衛省も証拠映像を積極的に公開すべきだと考えます。

|

« 日産ノートが11月新車販売でトップに | トップページ | 高梨沙羅がW杯47勝目を上げ歴代2位に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/64610451

この記事へのトラックバック一覧です: 宮古海峡上空で日中がひと悶着:

« 日産ノートが11月新車販売でトップに | トップページ | 高梨沙羅がW杯47勝目を上げ歴代2位に »