« 年末の登山は中止 | トップページ | 宅配便の無駄が大問題 »

2016年12月29日 (木)

安倍首相が真珠湾で演説

昨日早朝、安倍首相がオバマ大統領と、真珠湾にあるアリゾナ記念館を慰霊訪問し、所感をスピーチしました。この訪問は5月にオバマ大統領が広島の原爆ドームを訪問した答礼に当たるものですが、双方共にそうした見方を否定する立場を取っています。それは日本側には原爆投下に対する謝罪を求める国民感情が、米国には真珠湾を奇襲したことに対するだまし討ちにされたことに対する謝罪を要求する国民感情があるからです。

このため、オバマ大統領も安倍首相も演説の中では謝罪の文言を使いませんでした。今回の安倍首相の演説でも日本軍が奇襲したという表現を避け、穏やかな夜明けを迎えた真珠湾がが攻撃を受け、多くの乗員が突然の死を迎えることになったと言う言い回しで戦火の中で多くの人命が失われた過去を振り返りました。

真珠湾攻撃に際して日本側の海戦通告が遅れたのは事実ですが、米国が日本軍の開戦を全く予想していなかったかと言えば、そうではありませんでした。当時、戦争回避に向けた日米交渉が行われており、このまま行けばやがては開戦に至る認識は双方で持っていました。ですから、日本軍の来襲について警戒をしていなかった米軍の司令官は、その後更迭されています。また攻撃目標は軍事施設、軍艦に限定されていました。

一方で広島、長崎への原爆投下は民間人を対象にした都市攻撃であり、投下に当たっての避難勧告もなく行われたもので、ジュネーブ条約に違反する重大な犯罪行為です。従ってこの二つを同列に論ずるのは無理があることです。ただ、今更それを蒸し返したところで、亡くなった多くの生命が戻って来ることはなく、新たな憎しみを生むだけでしょう。両首脳が語ったように、和解と寛容の精神で未来に向かって歩き続けることが大切だと考えます。

Pa220028r16

|

« 年末の登山は中止 | トップページ | 宅配便の無駄が大問題 »

コメント

日本経済新聞社とテレビ東京が28、29日に行った世論調査の結果、安倍内閣の支持率が64%に上昇したようです。ハワイでの演説が日本国民に好意的に受け入れられているようで、今回の慰霊訪問を84%の人が評価するとしており、支持率の向上に寄与した模様です。

投稿: 雨辰 | 2016年12月30日 (金) 01時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/64689931

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相が真珠湾で演説:

« 年末の登山は中止 | トップページ | 宅配便の無駄が大問題 »