« オスプレイは不時着か墜落か | トップページ | 防衛省がオスプレイの事故原因について発表 »

2016年12月19日 (月)

SM-6で中距離弾道弾の迎撃に成功

今月14日、米国はFTM-27ステラークロスボウ実験を実施、イージス艦ジョン ポール・ジェーンズからSM-6ミサイル2発を発射して中距離弾道弾に見立てた標的の迎撃に成功しました。

SM-6は海上自衛隊も導入している艦対空ミサイルのSM-2の発展型で、SM-2が母艦からのレーダー電波の誘導を受けて目標を追尾するのに対し、空対空ミサイルの弾頭を転用したレーダーで相手を補足するアクティブ・レーダー・ホーミングタイプのミサイルです。

SM-2は航空機や巡航ミサイルに対処するもので、弾道ミサイルはSM-3が受け持っていましたが、SM-6はそのどちらにも対応できることになります。SM-2の最大射高20Km以上、射程170Km以上に対し、SM-6は最大射高30Km以上、最大射程370Km以上と倍以上の迎撃能力を備えています。

将来的には我が国もSM-6を導入するのではないかと思われますが、現時点ではイージスシステムベースライン9・C1が必要とされ、最新型でベースライン7を搭載している海自のイージス艦のイージスシステムはSM-6に適合していません。今後建造予定の新型イージス艦からSM-6を搭載するのではないかと思われますが、実現すればイージス艦1隻でSM-3とSM-6の2段構えでのミサイル迎撃態勢を取ることも考えられますので、防衛力の向上に寄与するものと思われます。

P6030036

向かって左側がイージス艦あしがらで、イージスシステムベースライン7を搭載しています。

|

« オスプレイは不時着か墜落か | トップページ | 防衛省がオスプレイの事故原因について発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/64644854

この記事へのトラックバック一覧です: SM-6で中距離弾道弾の迎撃に成功:

« オスプレイは不時着か墜落か | トップページ | 防衛省がオスプレイの事故原因について発表 »