« ミニイプシロンロケットの開発を | トップページ | 三八豪雪の再来か »

2017年1月12日 (木)

米軍岩国基地にF-35Bを配備

岩国に駐留する米国海兵隊の第12海兵航空群に新型ステルス戦闘機のF-35B16機を配備する方針であることが昨年公表されていましたが、現地時間の9日、その内の10機がアリゾナ州の基地を岩国に向けて出発したことが明らかになりました。途中アラスカに立ち寄り、岩国には本日10時に到着する予定となっています。

F35b

着陸態勢のF-35B  (出典:在日米国海兵隊HPより)

F-35Bは垂直離着陸機で、海兵隊の強襲揚陸艦から離発着が可能となっており、現在配備中のF/A-18Dホーネット12機とAV-8BハリアーⅡ8機を更新することになります。米国が海外の基地にF-35を配備するのは初めてとなり、現在緊張が高まっている北朝鮮情勢を重視したためと考えられます。

Fb_2
F-35Bの戦闘行動半径は865Kmなので、岩国から出撃した場合、北朝鮮の大半で作戦を行なうことが可能です。但し、その場合は安保条約上事前協議が必要となります。岩国には空中給油部隊も駐留していますので、空中給油を行なえば更に遠方への展開も可能となります。

|

« ミニイプシロンロケットの開発を | トップページ | 三八豪雪の再来か »

コメント

現在、日本周辺に強力な寒波が押し寄せ、荒天となっているため、昨日は現地を出発できなかったようです。荒天は来週前半まで続く見通しなので、到着は天気が回復してからになりそうです。

投稿: 雨辰 | 2017年1月13日 (金) 09時13分

先ほど岩国基地にF-35Bが到着しました。天候の関係で停滞を余儀なくされていましたが、長旅お疲れさまでした。

投稿: 雨辰 | 2017年1月18日 (水) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/64753272

この記事へのトラックバック一覧です: 米軍岩国基地にF-35Bを配備:

« ミニイプシロンロケットの開発を | トップページ | 三八豪雪の再来か »