« トランプがトヨタを脅迫 | トップページ | オスプレイ事故状況一部明らかに »

2017年1月 7日 (土)

自立するバイクをホンダが開発

オートバイはライダーが乗って走っている時は、どこまでも安定した走りを見せてくれますが、信号で止まった時は足をつかなければ転倒してしまいます。ところが、停止どころかライダーが乗っていなくても自立しているバイクをホンダが開発し、米国ラスベガスで開催中の「CES2017」で実験車「Honda Riding Assist」が公開されました。

発表によれば、ASIMOなどのロボット研究で蓄積したバランス制御技術を2輪車に応用したもので、低速走行時のふらつきや取り回し時の転倒防止に効果が見込めると言うことです。

考えて見れば、セグウェイやそれに類する2輪走行車では、既にバランスを取って静止する機能が実現していますので、バイクに応用するのはさほど難しい話ではないような気がします。また、2輪単体の技術ではありませんが、(株)村田製作所が制作したロボット「ムラタセイサク君」は転倒せずに自転車を運転できますが、完全に静止しても自立し続けることができます。

こうして見ると世界初との形容詞がついて登場した自立バイク「Honda Riding Assist」ですが、出来て当たり前と思えてしまうから技術の進歩は恐ろしいものです。

Ft400

かつて所有していた単気筒400ccのホンダFT400、品川ナンバーを付けていたので行く先々で注目されてしまいました。

|

« トランプがトヨタを脅迫 | トップページ | オスプレイ事故状況一部明らかに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/64731093

この記事へのトラックバック一覧です: 自立するバイクをホンダが開発:

« トランプがトヨタを脅迫 | トップページ | オスプレイ事故状況一部明らかに »