« いつまで持つのか哲学のないトランプ氏 | トップページ | ミニイプシロンロケットへの提言 »

2017年1月19日 (木)

ケネディ大使が帰国、今後に期待

18日、オバマ大統領の任期満了に伴う離任のため、キャロライン・ケネディ駐日大使が離日して帰国の途に就きました。ケネディ大使は故ケネディ大統領の長女として生まれ、その出自から将来の上院議員を望む声が多く、本人もヒラリー・クリントンの後継を目指しているとも伝えられています。

これまで政治活動としては、オバマ陣営での副大統領候補者選考委員会にタッチしたくらいの経験しかありませんが、駐在大使として沖縄の基地を視察したり、オバマ大統領の広島訪問に同行した際に父親の片鱗が覗え、政治家としての将来に期待したい感情が起きました。昨夏の大統領選の際は、ヒラリー氏が初の女性大統領に就任するものと思っていましたが、昨今のトランプ氏の行状を見ていますと、早晩ケネディ氏待望論が沸き上がって来るのではないかと思われます。

|

« いつまで持つのか哲学のないトランプ氏 | トップページ | ミニイプシロンロケットへの提言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/64782177

この記事へのトラックバック一覧です: ケネディ大使が帰国、今後に期待:

« いつまで持つのか哲学のないトランプ氏 | トップページ | ミニイプシロンロケットへの提言 »