« 鬼の霍乱 | トップページ | 数字の読めないトランプ大統領 »

2017年1月23日 (月)

稀勢の里の横綱昇進が確定

本日開かれた横綱審議委員会で、、初場所で初優勝した大関の稀勢の里について満場一致で横綱推薦が決まり、19年ぶりに日本人横綱の誕生が確定しました。稀勢の里は今回が初優勝だったため、横綱推挙の条件である連続優勝の条件を満たさず、連続優勝に準ずる成績としての推薦を受けるには出席した横綱審議委員の2/3の賛成が求められていました。

稀勢の里は準優勝止まりながら昨年の年間最多勝となっており、安定した勝ち星を上げていることが高く評価されました。正式には25日の春場所番付編成会議と理事会を経て昇進の運びとなりますが、形式的なもので推薦が覆ることはありません。

長らくモンゴル出身力士の横綱の時代が続きましたが、やっと日本人の横綱が誕生しますので、相撲人気が高まることが期待されます。大きな期待を担うことになる横綱稀勢の里の活躍が待たれます。

|

« 鬼の霍乱 | トップページ | 数字の読めないトランプ大統領 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/64801364

この記事へのトラックバック一覧です: 稀勢の里の横綱昇進が確定:

« 鬼の霍乱 | トップページ | 数字の読めないトランプ大統領 »