« 特定の国を標的にしたものではない | トップページ | 伊良湖岬早春賦その1 »

2017年2月11日 (土)

岩国のF-35Bが沖縄で訓練

先月米軍岩国基地にF-35B戦闘機10機が米本国から移転してきましたが、早くも訓練飛行を開始しました。今週に入り、沖縄の米軍の訓練空域まで飛行して訓練を実施しましたが、安全上の理由から具体的な日時や場所については明らかにされませんでした。また、緊急時を除いて、沖縄の基地に着陸しないことも公表されました。

Photo_2


岩国基地と沖縄本島の南端まではおよそ1000Kmありますが、F-35Bは無給油でこの間を往復し訓練を行う能力を持っていることがわかります。これまで公表されている数字では戦闘行動半径が876kmとされていました。戦闘行動半径とは戦闘機がミサイルなどを搭載して目標地点まで飛行し、戦闘を行って基地まで戻れる距離を表しますが、実際はこの距離は最低限の数字なので、1000kmまで進出して訓練を行うことは不思議でも何でもありません。

F35b_hp

垂直着陸態勢のF-35B。(出典:在日海兵隊のHPより)

那覇基地には米空軍のF-15Cが駐留していますが、ステルス機であるF-35Bが配備されたことで、この地域の防空能力が飛躍的に高まったことは喜ばしい限りです。

|

« 特定の国を標的にしたものではない | トップページ | 伊良湖岬早春賦その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/64878873

この記事へのトラックバック一覧です: 岩国のF-35Bが沖縄で訓練:

« 特定の国を標的にしたものではない | トップページ | 伊良湖岬早春賦その1 »