« 掃海艇から自衛官が転落して行方不明に | トップページ | 伊良湖岬早春賦完結編 »

2017年2月13日 (月)

伊良湖岬早春賦その2

一夜明けて日曜日の朝、昨日よりも雲は少ないようですが、ホテルの屋上は相変わらず強い風が吹いていました。

P2120053r17

日の出前、伊良湖岬の上に入り残った月が浮かんでいます。

P2120056r17

赤羽海岸方向。海の上が少し赤らんで来ました。

P2120060r17

太平洋からの日の出。こんな機会でもなければ、海からの日の出を見ることはないので、新鮮な気分でした。

P2120062r17

周囲からも歓声が上がりましたが、見る間に海面上に浮かび上がってしまいました。

P2120070r17

厚い雲がフィルターの役目をしてくれたので、赤い太陽をとらえ続けることができました。

P2120067r17

撮影時には気が付きませんでしたが、左隅の海面に朝日を浴びて航行する船が映っています。

P2120074r17

太陽が徐々にが高度を上げると、岬の木々も朝日を浴びて輝き始めました。

伊良湖岬早春賦完結編に続きます。

|

« 掃海艇から自衛官が転落して行方不明に | トップページ | 伊良湖岬早春賦完結編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/64886167

この記事へのトラックバック一覧です: 伊良湖岬早春賦その2:

« 掃海艇から自衛官が転落して行方不明に | トップページ | 伊良湖岬早春賦完結編 »