« 那須高校生雪崩事故 | トップページ | 軍事力より外交努力をと言うけれど »

2017年3月29日 (水)

栃木県教委が高校生の冬山登山禁止を検討

栃木県教育委員会は那須の雪崩事故を受け、これまで登山計画審査会で審査した上で認めていた高校生の冬山登山について全面的に禁止する検討を始めた模様です。

スポーツ庁は高校生の冬山登山を原則として行わせないよう各都道府県教委に通知しており、今回の事故後の28日にも同様の内容で緊急の通知を出しています。

栃木県では高校の部活動で登山する場合、登山計画書を登山計画審査会に提出し、日程や避難経路の設定、装備などの審査を受けて承認を得ることが必要でしたが、これにパスすれば冬山登山でも認められていました。

今回どのような判断で冬山登山を禁止する検討を始めたのか判りませんが、事故があったから禁止では教育の放棄です。今回の安全登山講習会では登山の位置づけではなかったことから登山計画書が作成されなかったとのことですが、例え講習会名目であっても自然が相手ですから、悪天候に遭遇することも十分あり得ます。その場合にどうするかは当然決められているべきでしたが、そうではなかったようです。

であるならば、行なうべきは冬山登山の禁止ではなく、何故計画書が作られなかったのか、急遽決定した訓練は何が問題で、今後どう改めるべきかをとことん究明することです。

登山に限ったことではありませんが、一歩家を出れば様々なアクシデントに遭遇する可能性は全くのゼロではありません。例えば登山で言えば、突然落雷に見舞われて死傷することや、整備された登山道を歩いていても突然落石に襲われることもあり得ない話ではありません。要は確立の問題と事前にどれだけリスクを軽減するかであって、山に行かなければ安全だと言うのは、交通事故が起きるから自動車の使用は禁止しようと言うのと同じくらいナンセンスです。

今回の講習会を主導した高体連の登山専門部委員長は山岳指導員の資格を持っていたそうですが、多くの山岳専門家が今回のラッセル訓練の場所選定や方法、タイミングに疑問を呈しています。犠牲者の死を無駄にしないためにも、安全登山のために何をすべきか、真剣な究明が望まれます。単なる冬山登山禁止で幕引きとすることには断固反対します。

P5030007

美しい雪山ですが、常に危険と隣り合わせです。安全を心掛け、安易な気持ちで足を踏み入れてはいけません。

|

« 那須高校生雪崩事故 | トップページ | 軍事力より外交努力をと言うけれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栃木県教委が高校生の冬山登山禁止を検討:

« 那須高校生雪崩事故 | トップページ | 軍事力より外交努力をと言うけれど »