« 北朝鮮への対抗策 | トップページ | 地上配備型ミサイルの迎撃チャンス »

2017年3月10日 (金)

地上配備型SM-3などの導入費用を試算

北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて、防衛省がTHAADや地上配備型のイージスシステム(イージス・アショア)の導入費用を試算したことが明らかになりました。これまでも、導入について検討しているとの報道がありましたので、実際に導入する際の費用についても試算するのは当然です。

NHKの報道ではイージス・アショアの費用が1基あたり800億円、THAADが1基1250億円となっていますが、イージス・アショアの場合はイージスシステムの費用、THAADは1個中隊の費用とみられますので、直接の比較は意味がないようです。

|

« 北朝鮮への対抗策 | トップページ | 地上配備型ミサイルの迎撃チャンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/64997425

この記事へのトラックバック一覧です: 地上配備型SM-3などの導入費用を試算:

« 北朝鮮への対抗策 | トップページ | 地上配備型ミサイルの迎撃チャンス »