« 浜松城公園東側への多目的ホール建設に大反対 | トップページ | 早合点にご注意 »

2017年6月21日 (水)

C-2輸送機の路外逸脱事故は操作ミスが原因

今月9日、鳥取県の米子空港で訓練中の航空自衛隊美保基地所属のC-2輸送機がステアリングやブレーキが利かない状態となり、誘導路を外れて草むらに突っ込んだ事故がありました。この事故により空港は3時間にわたって滑走路が閉鎖され、一部の便が欠航になるなどの影響が出ました。

この事故について同基地は20日、地元の境港市に対し、事故は「パイロットの人的ミスに起因するものだった」と明らかにしました。北村基地司令によれば、C-2のパイロットが発進時、機体の位置や速度を機体のシステムに認識させる「慣性基準装置」のスイッチを入れ忘れたまま機体を発進させ、滑走路への移動途中で気がついて装置を作動させたことで誤った数値が入力され、「高速移動中」と誤認識され、ステアリングやブレーキ操作に制限がかかる安全装置が作動したためと言うことです。

同機の手順書には、「装置が起動する前に機体を動かしてはならない」と書かれているだけで、確認が必要な項目に、「装置の起動」が明記されていませんでした。航空自衛隊は、操作手順書の記述を見直すとともに、操縦士への教育を徹底するとしています。

P6180010r16

離陸上昇中のC-2輸送機です。

事故の一報を聞いた時は、どうしてこんな事故が起きたのか全く判りませんでしたが、原因を聞いて納得です。しかし、こんなことは「慣性基準装置」が作動していない状態で機体を動かせばアラームが出る仕組みにすれば簡単に防げる話で、なぜ誤操作を防ぐ機構が組み込まれなかったのかが、不思議です。操縦に当たって、パイロットは多くの操作を要求されますので、つい勘違いをしてしまうことが起こらないとは言えません。パイロットの教育をやり直すのは勿論ですが、もしパイロットがミスをしても自動的に防ぐ仕組みを設けることが強く望まれます。

|

« 浜松城公園東側への多目的ホール建設に大反対 | トップページ | 早合点にご注意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/65436369

この記事へのトラックバック一覧です: C-2輸送機の路外逸脱事故は操作ミスが原因:

« 浜松城公園東側への多目的ホール建設に大反対 | トップページ | 早合点にご注意 »