« 非常食のわかめご飯で食中毒 | トップページ | 防衛装備庁が研究委託を海外にも広げる方針  »

2017年6月13日 (火)

本日、国内組み立てのF-35が初飛行

航空自衛隊はF-4ファントム戦闘機の後継に、ステルス戦闘機のF-35Aを42機導入する予定です。この内4機は米国で生産し、既に現地で自衛隊に引き渡されてパイロットの訓練に使われています。残る38機は、三菱重工の小牧南工場に作られた最終組み立てを行なうFACOで組み立てられることになっており、最初の2機が今月5日までに完成していました。

F-35はロッキード・マーチン社のパイロットとアメリカ政府が契約しているパイロットで初飛行を行なうことになっていましたが、本日午前、名古屋空港を飛び立った機体をどちらが操縦したのかは判っていません。名古屋を飛び立った後訓練空域でを飛行し、岐阜基地でタッチアンドゴーを行なって2時間あまりの初飛行を終えました。X-2の初飛行では車輪は最後まで出したままでしたが、今日は量産機とあってか、直ぐに機内に収納されました。チェイサーを務めたのはF-2戦闘機でした。

日本で初飛行を終えたF-35は、この後一旦米国に送られて試験や訓練が行われ、その後日本側に引き渡されて訓練に使われ、2018年に日本に帰って来る予定になっています。

F35a

飛行中の米軍のF-35A (出典:防衛省の資料より)

|

« 非常食のわかめご飯で食中毒 | トップページ | 防衛装備庁が研究委託を海外にも広げる方針  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/65406199

この記事へのトラックバック一覧です: 本日、国内組み立てのF-35が初飛行:

« 非常食のわかめご飯で食中毒 | トップページ | 防衛装備庁が研究委託を海外にも広げる方針  »