« 上野のパンダにベビー誕生! | トップページ | 本日、国内組み立てのF-35が初飛行 »

2017年6月13日 (火)

非常食のわかめご飯で食中毒

東京都は12日、都立小岩高校で5月19~20日にあった防災訓練で、1年生の男女112人が腹痛や下痢などを訴える食中毒があり、具材のわかめからウェルシュ菌が検出されたと発表しました。都によれば、訓練は校内で1泊2日の日程で実施され、生徒358人が参加して行われ、非常用に備蓄したアルファ米のわかめご飯を夕食として食べていたと言うことです。

ウェルシュ菌は最近よく聞く細菌で、作り置きのカレーでの食中毒の事例が多いようですが、今回のように非常食が原因と言うのは大変珍しい事例です。アルファ米は軽量で、長期間保存が利くので登山にはもってこいの食材で、特に日数が長い時は大変に重宝します。それだけに今回の事故はショックでしたので、少し調べてみました。

すると一般的な1食タイプの製品ではなく、数十人分を一度に作るタイプの製品を使用したことが判りました。製品が入っていた段ボールを利用して調理用のポリ袋をかぶせた中に、アルファ米と別封の具材を入れ、熱湯を注いで調理するようになっています。この具材のわかめにウェルシュ菌が付着していたもので、恐らく全部の袋が汚染されていなかったことから、およそ1/3の生徒が感染したものと思われます。

先日も、学校給食のもみ海苔がノロウィルスに汚染されていた事故がありましたが、まさか保存用の食料が汚染していることまでは消費者は判りませんので、メーカーには早急な製造工程の見直しをして欲しいところです。

|

« 上野のパンダにベビー誕生! | トップページ | 本日、国内組み立てのF-35が初飛行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/65405471

この記事へのトラックバック一覧です: 非常食のわかめご飯で食中毒:

« 上野のパンダにベビー誕生! | トップページ | 本日、国内組み立てのF-35が初飛行 »