« 扇風機を買いました | トップページ | 米軍が陸自の12式地対艦ミサイルに興味 »

2017年6月25日 (日)

安倍首相は大丈夫か

今朝7時過ぎ、長野県南部を震源とする震度5強の地震がありました。幸い現在のところ、人的被害は報告されていないようですが、王滝村は御嶽山の噴火で大きな被害を受けましたので、更なる被害が出ないことを祈って止みません。

ところで、本日は静岡知事選の投票日です。緊急地震予報が出た時は選挙に影響が出ることを考えましたが、こちらもどうやら影響は無いようです。ただ、開票結果で激震が走るかも知れませんので、陣営関係者は今頃必死になって天に祈っているかも知れません。

さて本題です。選挙と言えば日本の首都、東京都議会議員選挙が昨日公示され、選挙戦に突入しています。先日の首相会見では、記者から選挙について質問が出ましたが、安倍首相は地方選挙なので、と言及を避けました。

しかし加計問題についての政府の説明が十分でないとして、野党が国会閉会中に審議を行う「閉会中審査」の開催を要求したのに対し、竹下国対委員長は「東京都議会選挙の結果を見て考えたい」と国政にからめる発言をして与党に政策の一貫性が見られません。

また、憲法53条で、国会議員の1/4の要求によって臨時国会を招集することが定められているにもかかわらず、日程の規定がないことを根拠としてこれを無視する態度を取っています。しかし、自民党は党の憲法改正草案に臨時国会については20日以内に招集するとしており、重大なダブルスタンダードです。
安倍首相の会見での国民に対して丁寧に説明する責任を果たすとの公約が、口先だけだったことは明白です。

更に昨日になって安倍首相は、加計問題の鎮静化を狙ったのか、戦略特区制度を使った獣医学部の開設を全国的に展開しても良いと言い出しました。これは大変おかしな話で、そもそも加計学園が問題視されているのは、京都産業大学が開設を目指していたのに、これを断念させるために突然新たな条件が追加され、加計学園に一本化された過程が不明瞭だと言うことです。

強引に新たな指針を設けて京都産業大学を脱落させ、加計学園に一本化させておきながら、この過程について追及されたら、突然方針転換をして獣医学部の複数開設を認めることは、何の定見も見られません。

安倍内閣は衆議院で327議席、参議院で151議席と与党で過半数はおろか、憲法改正に必要な2/3の勢力を有しています。(参議院は日本維新の会の12議席を加えた163議席で2/3をクリア)無茶な政権運営をしなくとも、正々堂々と必要な手続きを踏めば、何ら問題なく政策を実現できるのに、どうも必要な手順を省く傾向が見られます。

森友問題、加計問題のいずれもが、世間の常識では考えられない形で首相のの周辺人物の意向に沿った形で許認可が行われたことに、国民は敏感に不正の臭いを感じ取っています。川勝静岡知事を自民党が徹底的にこきおろしながら、知事選に独自候補を立てられなかったのは、川勝知事が後ろ指をさされない公平な行政を貫いたからです。

おそらく都議選は自民党の驕りによって与党の座から転落することになり、国政に跳ね返るのは必至だと思いますが、そうなる前にあらかじめ首相が襟を正すことを期待したいと思います。

P6120001r15

|

« 扇風機を買いました | トップページ | 米軍が陸自の12式地対艦ミサイルに興味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/65454772

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相は大丈夫か:

« 扇風機を買いました | トップページ | 米軍が陸自の12式地対艦ミサイルに興味 »