« 弾道ミサイル防衛は愚行なのか? | トップページ | ロンドン中心部でまたしてもテロ »

2017年6月 3日 (土)

酒税法改正でビール類が値上げ?

酒類の極端な安売りを防止するためとして、6月1日から改正酒税法が施行されました。今回の改正は販売原価を下回る安売りを禁止して、小規模の小売店を保護するのが目的とされています。

仕入れ原価と販管費の合計額を下回る小売価格で販売した場合や、周辺の販売事業者の売り上げ減などにつながった場合に罰することができ、繰り返して基準を守らなければ罰金を科したり酒類の製造・販売免許を取り消すことができるとなっています。

しかし、私たちの周りでは、多くの小売店が大型店の出店によって廃業を迫られている中、一人種類販売店のみが手厚く保護されることには疑問を感じられずにはいられません。政府は規制緩和と言いながら、自由競争を損ねかねない利権保護は如何なものかと思います。

とは言っても悪法も法である以上は販売店は従う他はありません。特に、これまでビール類を安く販売してきた大型店では値上げをせざるを得ないのではと言う見方がされています。そこで昨日、実売価格がどうなったのか、いつも行く安売り店を覗いてみました。

結果として、私が見た範囲では値上がりはありませんでした。元々無理のない価格設定だったのか、それとも現在店にあるのは旧価格で、今後蔵出しする商品から値上げするのかは判りませんが、とりあえずは大きな影響はなさそうです。

P5042522

庶民のささやかな楽しみが値上げされれば、多くの恨みを買うことになると思いますが、裕福な国会議員には理解されないようです。

|

« 弾道ミサイル防衛は愚行なのか? | トップページ | ロンドン中心部でまたしてもテロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/65364027

この記事へのトラックバック一覧です: 酒税法改正でビール類が値上げ?:

« 弾道ミサイル防衛は愚行なのか? | トップページ | ロンドン中心部でまたしてもテロ »