« 都議選で自民が大敗、驕る平家は・・・ | トップページ | 初エアコン »

2017年7月 3日 (月)

身勝手な中国が堂々と領海侵犯

中国は領有権が確定しない南シナ海の海面下のサンゴ礁を勝手に埋め立て、国際法上認められない自国領土と称して軍事基地化しています。領土として認められるのは、満潮時にも海面に突き出している自然に生じた陸地であって、埋め立てによって発生した土地は含まれません。米国や日本はこのような中国のやり方を認めず、自由の航行作戦として国際法上の公海を航行する示威行動を取っています。

3日付産経新聞のWEB版がこうした米軍の自由の航行作戦に対する反発する中国外務省の陸慷報道局長のコメントにについて報じました。以下引用です。

米軍艦船が南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島周辺で「航行の自由」作戦を実施したことについて、中国外務省の陸慷報道局長は2日談話を発表し「強烈な不満と断固とした反対」を表明した。談話は、米艦船が「中国の西沙諸島の領海に勝手に進入した」と主張した。

 陸氏は、中国側は軍艦と戦闘機を派遣し、米側の艦船に対し海域を離れるよう警告したと説明。「航行の自由」作戦について、中国の主権を侵害し、関係海域の平和や秩序を破壊する「深刻な政治的、軍事的挑発行為だ」と強調した。

とんだ二枚舌です。こんなことを言っておきながら、中国海軍の艦船が我が国の領海を侵犯しているのですからとんだお笑い種です。

防衛省の発表によれば、2日午前10時40分から0時30分までの1時間30分の間、中国海軍のドンディアオ級情報集艦が、津軽海峡の我が国領海を侵犯し続ける事案を発生させました。

Photo

中国艦の進路。(出典:防衛省報道資料より)

地図に青い線が2本描かれていますが、内側が領海の境界で外側が接続水域を表すものです。中国艦は国際海峡の中央部の接続水域を外れ、中国の主張によるところの領海に勝手に進入侵入)して航行したことになります。

Photo_4

ドンディアオ級情報収集艦 (出典:防衛省報道資料)

ドンディアオ級情報収集艦はこれまでも日本周辺を回遊して電波情報の収集などを行っていますが領海への侵入は初めてのことになります。

しかし、南シナ海で国際法上何の根拠もなく米艦に対して領海侵入を批判したその日に、明確な我が国の領海を白昼堂々と侵犯するとは、見下げ果てた根性です。

|

« 都議選で自民が大敗、驕る平家は・・・ | トップページ | 初エアコン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/65488075

この記事へのトラックバック一覧です: 身勝手な中国が堂々と領海侵犯:

« 都議選で自民が大敗、驕る平家は・・・ | トップページ | 初エアコン »