« 対艦ミサイルXASM-3実射試験の謎その2 | トップページ | 我が国の潜水艦状況 »

2017年7月27日 (木)

政界に激震2連発

今日は政界に大きな動きがありました。午後になって民進党の蓮舫代表が突然辞意を表明したのに続き、夜に入って稲田防衛大臣が辞任の意向とのニュースが飛び込んで来ました。

ともに女性政治家であり、将来の首相候補と呼ばれたこともありましたが、最近はそれぞれに辞任を求める声が高まっていることも共通していました。にも拘わらず、どちらも頑なに辞任を否定していただけに、このタイミングでの意思表明、しかも同じ日となったことで、大きなニュースとなりました。

蓮舫代表は自身の国籍問題、党の支持率低迷、東京知事選での惨敗と立て続けに代表としての資質や指導力について批判が高まっていました。

一方の稲田大臣も南スーダンPKOの日報問題、森友問題における国会答弁、「アジア安全保障会議」におけるグッドルッキング発言、都議選における自衛隊発言と失言を連発して、防衛大臣としての資質を問われ続けていました。

我が国は諸外国と比較して女性の政治家が少なく、従ってこれまで首相はおろか有力省庁の大臣就任も田中真紀子氏の外相就任くらいしか前例がありませんでした。そのような中で、野党とは言え党首だったり防衛相就任は女性の政界進出を拡大する好機であっただけに、このような結果となってしまったことは大変残念です。しかし、英国のサッチャー氏やドイツのメルケル首相を引き合いに出すまでもなく、女性と言えども国政のかじ取りをする能力を有していることに何ら疑いの余地はありません。

安倍首相も森友・加計問題で支持率を大きく落としています。時期首相の本命不在が指摘される中、近い将来女性首相が誕生しないとも限りませんので、女性政治家の奮起を期待したいところです。

|

« 対艦ミサイルXASM-3実射試験の謎その2 | トップページ | 我が国の潜水艦状況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/65587836

この記事へのトラックバック一覧です: 政界に激震2連発:

« 対艦ミサイルXASM-3実射試験の謎その2 | トップページ | 我が国の潜水艦状況 »