« 火星12型の飛翔について | トップページ | 防衛省来年度予算概算要求から注目点 »

2017年8月31日 (木)

SM-6が2回目の弾道ミサイルの迎撃に成功

北朝鮮が立て続けに弾道ミサイルを発射していますので、不安に感じている方も多いと思いますが、これを迎撃するミサイル防衛の方も着々と成果を上げています。

米国国防総省ミサイル防衛局は30日、8月29日にハワイ、カウアイ島から発射したMRBM(準中距離弾道ミサイル)標的をイージス艦「ジョン・ポール・ジョーンズ」からSM-6で迎撃に成功したと発表しました。SM-6でのMRBMの迎撃は昨年12月に、同じイージス艦「ジョン・ポール・ジョーンズ」が成功しており、今回が2回目の成功となります。

Photo_2

SM-6の外観です。SM-6は航空機用の対空ミサイルSM-2にブースターを付けて大幅に射程を改善したもので、最大射程は370Kmとなっています。

自衛隊も配備しているSM-3はIRBM(中距離弾道ミサイル)への対応が可能と言われていますが、北朝鮮が大量に保有しているノドンはMRBMに分類されます。別にMRBMでもIRBMでもグズグズ言わずに、撃たれたら落とせばいいだろうと思われるかも知れませんが、実は懐具合に関係する話となります。

迎撃ミサイルのお値段ですが、PAC-3が1発3億円、SM-6が1発4.5億円、SM-3のブロック1Aで15億円、ブロック2Aが約24億円と言われています。ですからノドンをSM-6で迎撃できれば4.5億円の出費で済みますが、SM-3を使えば3~5倍の費用がかかることになります。緊急時には、そんなことには構っていられませんが、何しろノドンは数が多いので、安く済めば、それだけたくさんのミサイルを用意できますので、我が国にとっては助かる話です。

但し、SM-6はイージスシステムでしか運用できませんので、イージス艦かイージス・アショアからしか発射できません。そこで、類似のミサイルがないだろうかと見渡すと、よく似たミサイルがありました。陸上自衛隊が運用している03式対空ミサイル、通称中SAMです。

Photo_4

SM-6と中SAMを比べると重量や射程が大きく違っています。しかし、SM-6の元になったSM-2MRと比べると、そんなに大きさ・性能が違っていないことに気が付きます。つまりMk72ブースターをくっ付けることによって、射程が300Kmも伸びているのです。

SM-6は先端のレーダーを空対空ミサイルのものに変えて、命中率を向上させていますが、中SAMも同様に空対空ミサイルのものに変えて性能を向上させた、「中SAM改」に今後移行します。この「中SAM改」にMk72ブースターを取り付けた「新中SAM」を作れば、PAC-3の穴を埋める迎撃体制が組めるのではないかと考えますが、いかがでしょうか。

※8月31日追記 このアイディアは全くの思い付きだったのですが、既に防衛省が研究に着手していたようです。

Photo_7

高高度迎撃用飛翔体技術の研究  (出典:防衛省)

TVCやサイドスラスターを備えていますが、外観は中SAM改にそっくりで、弾道ミサイルの迎撃も想定しています。

|

« 火星12型の飛翔について | トップページ | 防衛省来年度予算概算要求から注目点 »

コメント

初めまして、今話題のMD関係を検索中、貴ブログを拝見しました。
当方の拙ブログと比較してあまりにも洗練されたブログ体裁と、扱う内容が大層興味深かったので即ブックマ-クです。
記事内容中の「高高度迎撃用飛翔体技術の研究」が興味深いですね。
いつまでもレイセオンやロッキ-ド・マ-チンばかりに金を落とすのは癪ですから。。。
日本の潜在的な技術は極めて高いものが有るので、後は予算と政府の覚悟次第ですね。
今後もミリタリ-記事を楽しみにしてます。

投稿: 八雲 | 2017年9月 1日 (金) 08時54分

八雲さん、コメントありがとうございます。

お褒めの言葉をいただきましたが、こそばゆい限りです。安全保障面については、あまりマスコミが取り上げないことでも、詳細に把握している方々がたくさんおられますので、とても太刀打ちはできません。

ただ、居住地が浜松なので、AWACSやT-4などを日常的に見ることが多く、どうしても安全保障面に目が向いてしまいます。自分が興味あることについては、ある程度納得したいので、調べたことを取りとめもなく記事としてアップさせて頂いています。

これからもよろしくお願いします。

投稿: 雨辰 | 2017年9月 1日 (金) 10時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171584/65732508

この記事へのトラックバック一覧です: SM-6が2回目の弾道ミサイルの迎撃に成功:

« 火星12型の飛翔について | トップページ | 防衛省来年度予算概算要求から注目点 »